Image: Mykolastock/Shutterstock.com
「TECHBLITZ」編集部では今回、2021年に新たにユニコーンとなったスタートアップを独自のカテゴリーに分類し、その中からいくつかの企業をピックアップした「New Unicorns 2021」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●業界別2021年ユニコーン企業(小売・物流、金融、IT・セキュリティ・通信、ヘルスケアetc)
●2021年にユニコーンになった日本企業
●次のユニコーン候補

※普段TECHBLITZ上で配布するトレンドレポートは「BLITZ Portal」会員のみ完全版を配布しておりますが、当レポートは今回特別に資料ダウンロードいただく全ての方に完全版を配布しております。

2021年はVCやCVCからの投資が活発に

 2013年、米国のベンチャーキャピタリストであるAileen Leeは、評価額$1B(約10億ドル)以上のスタートアップ企業(非上場)を”ユニコーン”と表現しました。当時、その域に達するスタートアップは非常に希少な存在であり、その希少性を表すためギリシャ神話に出てくる伝説上の動物になぞらえた命名だと言われています。実際、2013年時点で“ユニコーンクラブ”に属するスタートアップは、北欧発の後払い決済Klarnaなど10社前後にとどまっていました。

 その後は、VCのみならず大手事業会社でも提携/買収を視野に入れたスタートアップへの大型出資が相次ぎ、その結果ユニコーンへ変貌するスタートアップの数も増加しています。特に2021年は、VCやCVCからの投資が活発になりユニコーン企業が急増しました。現在、世界のユニコーンは900社を超える*とも言われており、それらが新たなビジネスモデルの浸透やテクノロジーの発展を後押ししています。

 一方で、かつてのユニコーンの言葉の意味は薄れていますが、最近ではユニコーンの更に上位となる“デカコーン”(評価額$10B以上)や“ヘクトコーン”(評価額$100B以上)といった造語も出てきています。ヘクトコーンとしては、ショート動画アプリ「TikTok」を運営するByteDanceが挙げられますが(2021年12月時点)、デカコーンクラスではデジタル化ニーズを追い風とするeコマース関連や決済関連企業が比較的多くなっています。また、間もなくユニコーンの仲間入りをするであろうと目されるスタートアップも多く、それらは“エマージング・ユニコーン”や“Soonicorn”とも呼ばれているようです。

 地域分布においては、依然としてスタートアップ大国である米国の企業数が多いものの、中国や欧州、インド発のユニコーンも徐々にその数を増やしてきています。日本でも、オープンイノベーションへの関心の高まりや政府のスタートアップ支援施策を背景に、ユニコーンの誕生が見られるようになりました。

 さて、本レポートでは、2021年に新たにユニコーンとなったスタートアップ**をTECHBLITZ独自のカテゴリーに分類し、その中からいくつかの企業をピックアップしてご紹介しています。特にユニコーンが多く誕生したカテゴリーについては、評価額トップ10リストも併せて掲載しています。レポートの最後には、2021年にユニコーンとなった日本のスタートアップと、今後ユニコーン化が近いとされている注目の企業もご紹介しています。

* CB Insights “The Complete List Of Unicorn Companies” (November 2021)
https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies

** 上記CB Insightsのリストをベースに、「非上場」「2021年に評価額$1Bを達成」「2011年以降に設立」の全条件を満たす企業を対象とする。

最近ではユニコーンの更に上位となる“デカコーン”や“ヘクトコーン”という造語も

 当レポートは画像の内容で構成されており、今回は資料ダウンロードいただく全ての方に完全版をご覧いただくことができます。

 海外の新ユニコーンを独自の14カテゴリーに分け、その中からいくつかの企業をピックアップしてご紹介しています。なお、ユニコーンの誕生が特に多かった6カテゴリーについては、カテゴリーの概要説明と企業評価額に基づく新ユニコーンTOP10ランキングも併せて記載しています。またカテゴリー別以外にも「2021年にユニコーンになった日本企業」や「今後のユニコーン候補企業」もレポート内で紹介しております。

  • 小売・物流
  • 金融
  • 保険
  • IT・セキュリティ・通信
  • ヘルスケア
  • 業務効率化ツール
  • 製造・ものづくり
  • 自動車・航空宇宙
  • 化学・材料
  • エネルギー
  • 建設・不動産
  • 農業・フード
  • 広告・マーケティング
  • 教育
  • 2021年にユニコーンになった日本企業
  • 次のユニコーン候補

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「New Unicorns 2021」をご希望される方は、下記フォームより資料ダウンロードをお願いします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
リスキリングは「個人の学び直し」ではない。「技術的失業」を防ぐために 企業がやるべきこととは? 後藤氏インタビュー前編
リスキリングは「個人の学び直し」ではない。「技術的失業」を防ぐために 企業がやるべきこととは? 後藤氏インタビュー前編
リスキリングは「個人の学び直し」ではない。「技術的失業」を防ぐために 企業がやるべきこととは? 後藤氏インタビュー前編の詳細を見る
プログラミング不要、ノーコードのプラットフォームで自動化推進・業務を効率化 Tines
プログラミング不要、ノーコードのプラットフォームで自動化推進・業務を効率化 Tines
プログラミング不要、ノーコードのプラットフォームで自動化推進・業務を効率化 Tinesの詳細を見る
睡眠、食事、運動、呼吸 メンタルケアを「包括的に」捉えたソリューションを提供するMeru Health
睡眠、食事、運動、呼吸 メンタルケアを「包括的に」捉えたソリューションを提供するMeru Health
睡眠、食事、運動、呼吸 メンタルケアを「包括的に」捉えたソリューションを提供するMeru Healthの詳細を見る
ヘルステック カテゴリ別資金調達動向レポート【2022年10月発刊】
ヘルステック カテゴリ別資金調達動向レポート【2022年10月発刊】
ヘルステック カテゴリ別資金調達動向レポート【2022年10月発刊】の詳細を見る
ソフトウェア開発者向けセキュリティサービスを提供するFlatt Security 脆弱性診断を支える高い技術力
ソフトウェア開発者向けセキュリティサービスを提供するFlatt Security 脆弱性診断を支える高い技術力
ソフトウェア開発者向けセキュリティサービスを提供するFlatt Security 脆弱性診断を支える高い技術力の詳細を見る
Microsoft、Amazonも支援するCode.org 教育課程の一環としてコンピューターサイエンスの導入を推進
Microsoft、Amazonも支援するCode.org 教育課程の一環としてコンピューターサイエンスの導入を推進
Microsoft、Amazonも支援するCode.org 教育課程の一環としてコンピューターサイエンスの導入を推進の詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


新規事業の
調査業務を効率化
成長産業に特化した調査プラットフォーム
BLITZ Portal
社員の声でイノベーションを効率化する
アイデア管理プラットフォーム
q-ideate

Copyright © 2023 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.