“スタートアップ5選” の記事一覧
動物の細胞を培養することで作られる「培養肉」が、研究室から食卓へと着実に近づいている。シンガポールと米国に続き、イスラエルでも今年に入って培養ビーフの販売が当局から認めら...
2024.02.22 Thu
K-POPがアジアを飛び越えて世界各地で認知を広めているように、スタートアップ業界でも「K-STARTUP」が無視できない存在となりつつある。今年1月に米ラスベガスで開催...
2024.02.13 Tue
2024年の年明け、Microsoftから新素材領域でこんなタイトルの研究結果報告が飛び込んできた。『Discoveries in weeks, not years(年単...
2024.02.02 Fri
猛烈なスピードで社会に浸透するAIの活用を後追いする形で、AIの安全性に関する規制や専門機関設立の動きもピッチを上げている。昨年末には、欧州連合(EU)はAI規制法案で大...
2024.01.29 Mon
長らくSF世界の住人だったが、いま確実に人型ロボットの足音が現実世界に近づいている。Teslaが開発中の「Optimus」や、Amazonが物流拠点で試験導入する「Dig...
2024.01.19 Fri
広告市場に「リテールメディア」の波が到来している。消費者の購買行動などリアルなデータを握る小売企業による広告サービスという点が特徴で、日本でもコンビニや小売りの大手企業が...
2024.01.16 Tue
日本でも2023年12月の政府の「デジタル行財政改革会議」を経て、ついに条件付きの解禁が決まったライドシェア。ただ、地域や時間帯は限定的で、焦点となっていた一般ドライバー...
2023.12.29 Fri
銀行の営業時間に合わせてスケジュール調整をしたり、口座開設のための書類にうんざりしたりーー。「デジタルバンク」は、誰もが経験したことがある銀行のアノわずらわしさを取り払い...
2023.12.25 Mon
夢物語に思えた「空飛ぶクルマ」の商用運航はそう遠くなさそうだ。業界をリードするVolocopterとJoby Aviationは2023年11月、ニューヨーク市の協力を得...
2023.12.20 Wed
Amazonが「プライマリケア」に本格進出した。米国の有料会員が対象で、月額たったの9ドルで好きな時に、好きなだけ、専用アプリを通じたプライマリケアにアクセスできる新サー...
2023.11.28 Tue
広告業界で生成AI(ジェネレーティブAI)の活用が急速に広がっている。日本でも、伊藤園が今年9月に公開したテレビCMに登用した女性モデルが、実は生成AIで作成した実在しな...
2023.11.20 Mon

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
「グローバルオープンイノベーションインサイト」
もプレゼント



Copyright © 2024 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.