VC の記事一覧
【BMW】世界的自動車メーカーが明かす、シリコンバレー投資戦略
【BMW】世界的自動車メーカーが明かす、シリコンバレー投資戦略
5億ユーロ(約600億円)のファンドを設立し、シリコンバレーに本社を置くBMW i Ventures。現地で投資の意思決定権を持ち、4週間程度でスピーディーに投資する体制を持つ一方、ファイナンスリター...
2020/07/03
【BMW】世界的自動車メーカーが明かす、シリコンバレー投資戦略の詳細を見る
【2019年下半期】イスラエルのアクティブベンチャーキャピタル4選
【2019年下半期】イスラエルのアクティブベンチャーキャピタル4選
シリコンバレーと同様にテクノロジー大国として知られるイスラエル。すでにエグジットを果たした「Wix」「Waze」はイスラエル発のスタートアップだ。今回、「TECHBLITZ」編集部では急成長するイスラ...
2020/04/01
【2019年下半期】イスラエルのアクティブベンチャーキャピタル4選の詳細を見る
【2019年下半期】東南アジアのアクティブベンチャーキャピタル4選
【2019年下半期】東南アジアのアクティブベンチャーキャピタル4選
近年、オープンイノベーションの場所として注目されることが多い東南アジア。スタートアップの領域では「Grab」「GO-JEK」などのユニコーンも誕生し始めた。今回、「TECHBLITZ」編集部ではそんな...
2020/04/01
【2019年下半期】東南アジアのアクティブベンチャーキャピタル4選の詳細を見る
世界最強のVCはなぜ“異端”なのか。アンドリーセン・ホロウィッツの投資哲学と戦略を聞く。
世界最強のVCはなぜ“異端”なのか。アンドリーセン・ホロウィッツの投資哲学と戦略を聞く。
米国を代表するトップクラスのVC、Andreessen Horowitz (アンドリーセン・ホロウィッツ、略称a16z) 。設立は2009年だが、短期間のうちに従業員数3人から180人以上に、管理資産...
2020/03/27
世界最強のVCはなぜ“異端”なのか。アンドリーセン・ホロウィッツの投資哲学と戦略を聞く。の詳細を見る
【東南アジアVC】シリコンバレー経験投資家が語る東南アジアのスタートアップエコシステム
【東南アジアVC】シリコンバレー経験投資家が語る東南アジアのスタートアップエコシステム
2011年の設立以来、シンガポールを拠点に東南アジアのスタートアップを支援するGolden Gate Ventures。45社以上への投資実績があり、投資先は7カ国に及ぶ。シリコンバレー経験者3人が創...
2020/02/27
【東南アジアVC】シリコンバレー経験投資家が語る東南アジアのスタートアップエコシステムの詳細を見る
【東南アジアVC】主役は起業家。「シリコンバレー式」で東南アジアスタートアップ の成長を加速
【東南アジアVC】主役は起業家。「シリコンバレー式」で東南アジアスタートアップ の成長を加速
2011年の設立以来、シンガポールを拠点に東南アジアのスタートアップを支援するGolden Gate Ventures。45社以上への投資実績があり、投資先は7カ国に及ぶ。シリコンバレー経験者3人が創...
2020/02/26
【東南アジアVC】主役は起業家。「シリコンバレー式」で東南アジアスタートアップ の成長を加速の詳細を見る
東南アジアVCはこう見る。「今後2年でVCは大きく変わるだろう」
東南アジアVCはこう見る。「今後2年でVCは大きく変わるだろう」
いま東南アジアで、日本企業と東南アジアのスタートアップの連携が進んでいる。今回登場するOpenspace VenturesのHian Goh氏と、Monk’s Hill VenturesのKuo-Yi...
2019/12/24
東南アジアVCはこう見る。「今後2年でVCは大きく変わるだろう」の詳細を見る
東京上場・VC投資・オープンイノベーション。日本と東南アジアスタートアップのこれから
東京上場・VC投資・オープンイノベーション。日本と東南アジアスタートアップのこれから
急速に経済成長を続ける東南アジアは、2025年には日本のGDPを上回る見込みだ。東南アジアと日本の関係も新たな時代に入っている。これから日本はどういった形で東南アジアと連携できるのか。東京証券取引所、...
2019/11/07
東京上場・VC投資・オープンイノベーション。日本と東南アジアスタートアップのこれからの詳細を見る
【東南アジアVC】まずコミットを。「日本企業は意思決定が遅い」は共通認識。
【東南アジアVC】まずコミットを。「日本企業は意思決定が遅い」は共通認識。
人口が急増しており、平均年齢も若い東南アジア。経験豊富な起業家、世界各国のVCのプレイヤーも増え、既存産業を変革するダイナミズムが生まれている。今回は東南アジアで活躍する日本人投資家3名に、現地の投資...
2019/09/26
【東南アジアVC】まずコミットを。「日本企業は意思決定が遅い」は共通認識。の詳細を見る
【東南アジアVC】タイムマシン経営は終わり。トレンドはイシュードリブン・オフライン融合へ
【東南アジアVC】タイムマシン経営は終わり。トレンドはイシュードリブン・オフライン融合へ
人口が急増しており、平均年齢も若い東南アジア。経験豊富な起業家、世界各国のVCのプレイヤーも増え、既存産業を変革するダイナミズムが生まれている。今回は東南アジアで活躍する日本人投資家3名に、現地の投資...
2019/09/26
【東南アジアVC】タイムマシン経営は終わり。トレンドはイシュードリブン・オフライン融合への詳細を見る
東南アジアのユニコーンに初期投資した日本人VC対談
東南アジアのユニコーンに初期投資した日本人VC対談
時価総額10億ドル超の未上場スタートアップを“ユニコーン”と呼ぶ。この社会的インパクトも金融的なリターンも格段に大きい“ユニコーン”を支援した日本人投資家がどれだけいるだろうか。今回登場するリブライト...
2019/09/24
東南アジアのユニコーンに初期投資した日本人VC対談の詳細を見る
シードをユニコーンに。Snapchatに投資したシリコンバレーのトップティアVC
シードをユニコーンに。Snapchatに投資したシリコンバレーのトップティアVC
Lightspeedはアーリーステージに注力する有名ベンチャーキャピタル(VC)として、Snapchat、Oyo Rooms、Epsagonなど、ユニコーンを多く育ててきた。現在の米国における投資件数...
2019/08/20
シードをユニコーンに。Snapchatに投資したシリコンバレーのトップティアVCの詳細を見る
出遅れている日本。とにかくインドに行け
出遅れている日本。とにかくインドに行け
世界中が注目するインドのイノベーション。日本企業はインドとどうコラボレーションできるのか。日本企業が生かせる強み、方法とは。第1回、第2回に引き続き、日本企業3社が語った。 ※本コンテンツは「Ishi...
2019/05/24
出遅れている日本。とにかくインドに行けの詳細を見る
インドエリートの台頭。インドのデジタル化は日本を超える
インドエリートの台頭。インドのデジタル化は日本を超える
インドではアメリカ経験のあるエリートたちが母国に戻り、新たな産業を牽引している。 前回からに続き、日本をはるかに凌駕する、インドの成長力に迫る。 ※本コンテンツは「Ishin Startup Summ...
2019/05/24
インドエリートの台頭。インドのデジタル化は日本を超えるの詳細を見る
なぜグローバル企業はインドにイノベーション拠点を置くのか
なぜグローバル企業はインドにイノベーション拠点を置くのか
錚々たるグローバル企業がイノベーション拠点を置くインド。日本企業はインドをどう見て、どう関わるべきか。キャナルベンチャーズ(日本ユニシス)の保科氏、リクルートストラテジックパートナーズの松田氏、元ソニ...
2019/05/24
なぜグローバル企業はインドにイノベーション拠点を置くのかの詳細を見る
日本企業はインド、東南アジアとこう付き合える
日本企業はインド、東南アジアとこう付き合える
東南アジア、インドと日本企業はどのように関われるのか。第1回、第2回 に引き続き、日本人投資家たちが語った。 ※本コンテンツは「Ishin Startup Summit TOKYO 2019」の内容を...
2019/05/23
日本企業はインド、東南アジアとこう付き合えるの詳細を見る
天才が多いインド、タイムマシンビジネスが通じる東南アジア
天才が多いインド、タイムマシンビジネスが通じる東南アジア
成長めざましい東南アジア、インドのスタートアップエコシステム。前回からに続き、日本人投資家たちが東南アジア、インドのポテンシャルについて語った。 ※本コンテンツは「Ishin Startup Summ...
2019/05/23
天才が多いインド、タイムマシンビジネスが通じる東南アジアの詳細を見る
なぜ私たちはインド・東南アジアに投資するのか?
なぜ私たちはインド・東南アジアに投資するのか?
成長めざましい東南アジア、インドのスタートアップエコシステム。今回は東南アジア、インドで投資活動をしているRebright Partners、UTEC、KLab Venture Partners、WE...
2019/05/23
なぜ私たちはインド・東南アジアに投資するのか?の詳細を見る
インドと日本のVCが語る、日印コラボレーションの方法
インドと日本のVCが語る、日印コラボレーションの方法
グローバル大企業がイノベーション拠点を置き、多くのスタートアップが急成長を遂げているインド。インドの現地VCであるInventus Capital Partners(以下Inventus)と、日本のC...
2019/05/22
インドと日本のVCが語る、日印コラボレーションの方法の詳細を見る
【アカツキ】インドのエンターテインメント、ライフスタイル市場に注目
【アカツキ】インドのエンターテインメント、ライフスタイル市場に注目
2010年にマンションの一室から始まったアカツキは、設立6年で東証マザーズに上場。その翌年には東証一部に市場変更を果たす。現在、アカツキが手がけるゲームタイトルは全世界に向けて配信され、世界のトップセ...
2019/02/14
【アカツキ】インドのエンターテインメント、ライフスタイル市場に注目の詳細を見る