Featured
【スタンフォード式 睡眠術】短時間で質の高い睡眠をとるには
【スタンフォード式 睡眠術】短時間で質の高い睡眠をとるには
多忙なビジネスパーソンの中には、睡眠時間を削って仕事をしている人も少なくない。しかし、睡眠時間を削って仕事をすることほど、非効率なことはない。良質な睡眠なくして、質の高い仕事はできないのだ。今回はスタ...
2019-05-13
【スタンフォード式 睡眠術】短時間で質の高い睡眠をとるにはの詳細を見る
アメリカはどこまでも最先端を行くのか。「人工肉」・「宇宙」編
アメリカはどこまでも最先端を行くのか。「人工肉」・「宇宙」編
アメリカは「自由の国」と言われるだけあって様々な人種、価値観、思想があるため、多様なビジネスが生まれる。アメリカにはちょっと日本では考えられないビジネスもあることはたしかだ。今回、「The Silic...
2019-05-09
アメリカはどこまでも最先端を行くのか。「人工肉」・「宇宙」編の詳細を見る
BtoB向けのキャナビスマーケットプレイスLeafLink
BtoB向けのキャナビスマーケットプレイスLeafLink
アメリカでは24州でキャナビス(大麻)の医療用目的での購入、10州で嗜好用目的の購入を認めており、一般の人が簡単にオンラインや実店舗でキャナビスを購入することが可能だ。キャナビス産業にはキャナビスの栽...
2019-05-08
BtoB向けのキャナビスマーケットプレイスLeafLinkの詳細を見る
シリコンバレーの注目自動車関連スタートアップ情報に特化した冊子「AutoTech 50」【保存版】
シリコンバレーの注目自動車関連スタートアップ情報に特化した冊子「AutoTech 50」【保存版】
この資料でわかること ・自動車業界の最新トレンド、スタートアップエコシステム ・シリコンバレーに本社を置いている有望な自動車関連スタートアップ50社の概要
2019-05-07
シリコンバレーの注目自動車関連スタートアップ情報に特化した冊子「AutoTech 50」【保存版】の詳細を見る
アメリカはどこまでも最先端を行くのか。「マリファナ」・「空飛ぶタクシー」編
アメリカはどこまでも最先端を行くのか。「マリファナ」・「空飛ぶタクシー」編
アメリカは「自由の国」と言われるだけあって様々な人種、価値観、思想があるため、多様なビジネスが生まれる。アメリカにはちょっと日本では考えられないビジネスもあることはたしかだ。今回、「The Silic...
2019-05-07
アメリカはどこまでも最先端を行くのか。「マリファナ」・「空飛ぶタクシー」編の詳細を見る
【スタートアップマップ】注目のエイジングテック一挙紹介
【スタートアップマップ】注目のエイジングテック一挙紹介
 今回はエイジングインダストリーに利用できる、注目スタートアップを紹介する。編集部が「金融」「教育」「IoT / ウェアラブル」」「ヘルスケア」「不動産」「自動車」「AR / VR」「モバイルアプリケ...
2019-03-29
【スタートアップマップ】注目のエイジングテック一挙紹介の詳細を見る
ガソリンスタンドが家にやってくるBooster Fuels
ガソリンスタンドが家にやってくるBooster Fuels
2015年に設立されたBooster Fuels は、ガソリン移動販売および自動給油サービスを提供するスタートアップ。今回はCo-Founder & CEOのFrank Mycroft氏にインタビュー...
2019-03-29
ガソリンスタンドが家にやってくるBooster Fuelsの詳細を見る
自動運転車が食料品を配達してくれるAutoX
自動運転車が食料品を配達してくれるAutoX
アプリで食材や料理のデリバリーを注文すると、自動運転車が配達をしてくれる。ユーザーが安く自動運転車を活用できるようになる世界を目指すAutoX。CEOで共同創業者のJianxiong Xiao 氏に聞...
2019-03-29
自動運転車が食料品を配達してくれるAutoXの詳細を見る
法的書類からSNSまで。終活をサポートするCake
法的書類からSNSまで。終活をサポートするCake
超高齢者社会を迎える日本。日本ではどう自分の一生を終わらせるのかに注目が集まり、「終活」という言葉も広まり始めた。しかし、終活はただ自分の一生の終わらせ方を決めれば良いわけではない。遺書はどうするのか...
2019-03-29
法的書類からSNSまで。終活をサポートするCakeの詳細を見る
スタンフォード教授が語る「睡眠テクノロジーの真実」
スタンフォード教授が語る「睡眠テクノロジーの真実」
日本は世界で最も「睡眠負債」が大きい国と言われている。睡眠負債とは、十分な睡眠がとれず、寝不足が蓄積されている状態のこと。米国のシンクタンクのランド研究所によると、睡眠不足による日本の経済損失は年間1...
2019-03-28
スタンフォード教授が語る「睡眠テクノロジーの真実」の詳細を見る
【日本企業】なぜ大企業はエイジングテックに取り組むのか?
【日本企業】なぜ大企業はエイジングテックに取り組むのか?
超高齢化社会は、日本の社会課題ではある一方、人口構造が大きく変わる事業機会だとも言える。その変化を捉え、日本の大企業たちの一部は、すでに動き始めている。新規事業開発や調査を通じて、超高齢化社会を"チャ...
2019-03-28
【日本企業】なぜ大企業はエイジングテックに取り組むのか?の詳細を見る
世界中のイノベーションを持ち寄る、グローバルネットワーク「Aging2.0」
世界中のイノベーションを持ち寄る、グローバルネットワーク「Aging2.0」
超高齢化社会のイノベーションにグローバルで取り組んでいる組織がある。世界22ヶ所に70の拠点を持つ、Aging2.0だ。世界各地のエイジングテックの成功事例を持ち寄り、各国でOptimize(最適化)...
2019-03-27
世界中のイノベーションを持ち寄る、グローバルネットワーク「Aging2.0」の詳細を見る
僻地医療からシリコンバレーへ。日本の「本当の問題」を話そう
僻地医療からシリコンバレーへ。日本の「本当の問題」を話そう
18年前、池野文昭氏は日本の僻地医療の現場からシリコンバレーに渡った。現在は医療研究、起業家教育、医療機器分野のベンチャー投資、医療機器企業へのアドバイス、政府委員など数多くの責任を果たす。その原動力...
2019-03-26
僻地医療からシリコンバレーへ。日本の「本当の問題」を話そうの詳細を見る
【SOMPO】テクノロジーで高齢化社会の課題解決に挑む
【SOMPO】テクノロジーで高齢化社会の課題解決に挑む
現在、高齢化率が世界でもっとも高い水準にある日本は、どの国も経験したことのない超高齢化社会を迎えようとしている。その高齢化社会が抱える課題をテクノロジーのチカラで解決しようと挑戦しているのが、SOMP...
2019-03-25
【SOMPO】テクノロジーで高齢化社会の課題解決に挑むの詳細を見る
【特集】超高齢化社会のイノベーション「エイジングテック」
【特集】超高齢化社会のイノベーション「エイジングテック」
超高齢化社会になると何が起きるのか?  世界で真っ先に超高齢化社会を迎える日本。2017年の日本の高齢化率は27.7%。これが2065年になると38.4%へと上昇する。約2.6人に1人が65歳以上、約...
2019-03-25
【特集】超高齢化社会のイノベーション「エイジングテック」の詳細を見る
【初公開】建設スタートアップと協業を実現した「大林チャレンジ」
【初公開】建設スタートアップと協業を実現した「大林チャレンジ」
建設業界にも、いまやスタートアップによる業界変革の波が訪れている。建設業務の垂直統合に挑むKaterraなどがその代表例だ。そんな変革の波を取り込むべく、大林組はシリコンバレーで新たにラボを立ち上げ、...
2019-03-15
【初公開】建設スタートアップと協業を実現した「大林チャレンジ」の詳細を見る
失敗から学ぶ、パナソニックのシリコンバレー活用戦略
失敗から学ぶ、パナソニックのシリコンバレー活用戦略
2017年4月、Panasonic Venturesはシリコンバレー現地のベンチャーキャピタリストを採用し、1億ドル規模のファンドを立ち上げた。今回はCVCファンドの立ち上げから運用に関わるさまざまな...
2019-03-12
失敗から学ぶ、パナソニックのシリコンバレー活用戦略の詳細を見る
日本発プログラミング学習サービスProgate、IT大国インドへ挑戦
日本発プログラミング学習サービスProgate、IT大国インドへ挑戦
会員数60万人を超え、国内有数のプログラミングオンライン学習サービスに成長したProgate(プロゲート)。同社はプログラミング学習を全世界に広めたいというビジョンのもと、2018年から海外展開を本格...
2019-02-15
日本発プログラミング学習サービスProgate、IT大国インドへ挑戦の詳細を見る
【アカツキ】インドのエンターテインメント、ライフスタイル市場に注目
【アカツキ】インドのエンターテインメント、ライフスタイル市場に注目
2010年にマンションの一室から始まったアカツキは、設立6年で東証マザーズに上場。その翌年には東証一部に市場変更を果たす。現在、アカツキが手がけるゲームタイトルは全世界に向けて配信され、世界のトップセ...
2019-02-14
【アカツキ】インドのエンターテインメント、ライフスタイル市場に注目の詳細を見る
【日本ユニシス】インドはデジタルトランスフォーメーションが最も起こりやすい国
【日本ユニシス】インドはデジタルトランスフォーメーションが最も起こりやすい国
日本ユニシスは1958年設立の国内大手SIerとして、大手企業の基幹系システムの保守・運用を業界問わず手がけてきた。一方で、2017年には、電子決済システムを企画・開発するキャナルペイメントサービス、...
2019-02-13
【日本ユニシス】インドはデジタルトランスフォーメーションが最も起こりやすい国の詳細を見る