Image: PopTika / Shutterstock
4月18日は「発明の日」。経済産業省が日本の特許制度開始を記念して定めた記念日です。これまでさまざまな発明(invention)が生まれてきましたが、ビジネスの世界では社会的意義のある新たな価値の創造や課題解決、生活に大きな変化をもたらす新機軸(innovation)がより求められています。TECHBLITZ掲載記事の中から、インターネットの先駆けとなる技術をはじめさまざまなイノベーションを生み出してきた研究機関の考え方や、人々の仕事を支えるロボティクス企業、テクノロジーで視覚の概念を変える事業の事例などを紹介します。

「より生産的」になるイノベーションを創出するには

Siriやコンピューターマウスの技術を生み出した、世界最大級の研究機関SRI「イノベーションを起こす5つの原則」」

インターネットの原型となるArpanet(アーパネット)、コンピューターマウス、遠隔操作手術システム「ダ・ビンチ」や、音声アシスタント機能「Siri」など、人々の生活を変える技術を生み出してきた研究機関SRIインターナショナル。本国アメリカのほか唯一の海外法人を日本に設け、日本企業のイノベーション創出をサポートしている。日本法人代表のYoussef Iguider(イギデル・ユセフ) 氏に、同社が確立したイノベーションの原則について聞いた。

Image: Shutterstock

これまでと全く別の概念でコンテンツを「見る」

現実空間にデジタルを融合。空間コンピューティングのMagic Leap

「テクノロジーが人間に調和する、より良い世界の創造」をミッションに、空間コンピューティング(Spatial Computing)の実現を目指すMagic Leap。世界中から資金調達する同社は、日本ではNTTドコモ社と資本・業務提携に合意しており、5G時代における新サービスの創出と市場拡大を狙う。今回はGlobal Communications DirectorのJulia Gaynor氏に話を聞いた。

「より難しく、より大きな問題」を解決したい

世界最小ディスプレイを搭載したスマートコンタクトレンズを開発するMojo Vision

約5年の開発期間を経て、世界最小ディスプレイを搭載したコンタクトレンズ「Mojo Lens」を公開したMojo Vision。人の活動を邪魔せず、現実社会に溶け込むInvisible Computing(隠れたコンピューティング)を追求し、実現する唯一の企業だ。今回はCo-founder & CTOのMichael Wiemer氏に話を聞いた

働く人が「ホスピタリティの提供」に集中できるようにするために

「料理を運ぶ」自律走行型の配膳ロボットPenny

Bear Roboticsは、簡単な操作で誰でも使うことができ、人々が行き交う飲食店内で、正確、安全、素早く料理や飲み物を運ぶことができる、AI搭載の自律走行型ロボット「Penny(ペニー)」を開発・製造・販売するスタートアップだ。今回はCo-founder & CEOのJohn Ha氏に話を聞いた。

欲しい情報を常に「見せる」

QPIベースのマイクロディスプレイでモバイルユーザーの視覚情報を増やすOstendo

Ostendoは、独自開発したQuantum Photonic Imager(量子フォトニクスイメージャー)技術をベースにマイクロディスプレイの製品化を進め、特にウェアラブルデバイスでの活用が期待されている。これまでに2億8000万ドルの資金調達に成功し、80億台以上存在するコンピューターデバイスをターゲットにしている。同社の創業者でChairman & CEOのHussein S. El-Ghoroury氏がTECHBLITZの取材に回答した。

「地図に記載のない場所」を見つけるために

3つの言葉で、地球上のすべての場所を特定できるwhat3words

たとえばスポーツの試合を観に行ったスタジアムで「F42」という特定のゲートの場所を知りたいときや登山中の正確な場所を知りたいとき、どこに行けばいいか、どこにいるかを知るのに苦労をしたことはないだろうか? what3wordsは地球上を3㎡の正方形に分け、そのすべてに3つの言葉の組み合わせで名前をつけるというユニークなサービスを展開している。 CEOのChris Sheldrick氏に話を聞いた。

Image: what3words

300を超える特許をもとに完成 危険な場所での作業も効率化

人のできない仕事を助ける、産業用ロボットSarcos Robotics

Sarcos Roboticsは最先端のロボット工学を駆使した各種ロボットを製造し、人間にとって危険な場所での作業などを効率的に実行できるようサポートする企業だ。今回はExecutive Vice President & CMOのKristi Martindale氏に話を聞いた。



RELATED ARTICLES
中国発ユニコーン KEENON Robotics 屋内ロボットで「無人配送」の普及を加速させる
中国発ユニコーン KEENON Robotics 屋内ロボットで「無人配送」の普及を加速させる
中国発ユニコーン KEENON Robotics 屋内ロボットで「無人配送」の普及を加速させるの詳細を見る
画像モジュールで術中の視覚を強化 ミス軽減と安全性向上目指す Activ Surgical
画像モジュールで術中の視覚を強化 ミス軽減と安全性向上目指す Activ Surgical
画像モジュールで術中の視覚を強化 ミス軽減と安全性向上目指す Activ Surgicalの詳細を見る
「本物の人間と区別がつかない」 文章からAIアバターが話す動画を作成するSynthesia
「本物の人間と区別がつかない」 文章からAIアバターが話す動画を作成するSynthesia
「本物の人間と区別がつかない」 文章からAIアバターが話す動画を作成するSynthesiaの詳細を見る
IoT カテゴリ別資金調達動向レポート
IoT カテゴリ別資金調達動向レポート
IoT カテゴリ別資金調達動向レポートの詳細を見る
【まとめ】温暖化対策に取り組む気候テック COP27開催
【まとめ】温暖化対策に取り組む気候テック COP27開催
【まとめ】温暖化対策に取り組む気候テック COP27開催の詳細を見る
創業当初は否定された「VRと不動産」「もしも」を提案してあげると、人はもっと幸せになれる ナーブ
創業当初は否定された「VRと不動産」「もしも」を提案してあげると、人はもっと幸せになれる ナーブ
創業当初は否定された「VRと不動産」「もしも」を提案してあげると、人はもっと幸せになれる ナーブの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


新規事業の
調査業務を効率化
成長産業に特化した調査プラットフォーム
BLITZ Portal
社員の声でイノベーションを効率化する
アイデア管理プラットフォーム
q-ideate

Copyright © 2023 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.