ZenlayerのZenは「禅」からきている。同社は、ベアメタルサーバー・SD-WAN(ソフトウェア定義型広域ネットワーク)・エッジ処理までのend to endサービスを24時間7日体制でサポートし、シンプルな従量課金システムでクラウドとビジネスそして人をつなげる。まさに、「禅」のようにシンプルでとらわれないサービスを提供している。50以上のグローバルデータセンターを世界各地域に持つ同社は、日本市場への参入に積極的だ。今回はFounder & CEOのJoe Zhu氏に話を聞いた。

Founder & CEO
Zenlayer
Joe Zhu
1989年東華大学にて工学/産業経営学士取得。2002年から2007年までChina Telecom Americasにてネットワークオペレーション部門長を務める。2007年から2015年までChinaCacheにて副社長/上席副社長を務めたのち、2014年にZenlayerを設立しCEOに就任。また、2017年から太平洋電気通信協議会(PTC)の会員。2018年よりハーバード大学ビジネススクールにてOPM(オーナー経営者向けプログラム)に参加中。

「エッジクラウド」の必要性が高まっている

―まずZenlayerの事業について教えてください。

 当社の主な事業はエッジクラウドと呼ばれるクラウドサービスの提供です。エッジクラウドはとてもニッチで垂直的な市場で、従来のクラウドコンピューティングを超える超高速データ処理の実現でもあります。

 モノとインターネットがつながったIoT時代になり、スマート機器が世界中で増えて続けています。これらスマート機器の多くはクラウドにより動いていますが、よりスピーディーで確実なデータ処理の実現が更に重要視されるようになったことで、中央集権型の従来のクラウドでは対応しきれない領域ができています。そうした領域で、エッジ処理/エッジクラウドが必要とされ始めているのです。

 当社が世界中に持つグローバルデータセンターを相互接続し、エッジクラウドサービスやIaaS (Infrastructure as a Service)を提供しています。クラウド市場は成熟しています。しかし、エッジクラウド市場はまだ発展途上と言えます。対応できる企業が少ない中、当社には既存のグローバル拠点があること、オペレーショナル・エクセレンスが確立していること、そして当社のプラットフォームは自社エンジニアたちによって継続的に改善されているという他社にはない強みを持っています。

 Zenlayerのエッジクラウドサービスの特徴は、できる限りユーザの近くにクラウドを構築しストリームすることです。これにより、情報の遅延がないインターネット環境を実現し、顧客体験の向上に直接的に貢献しています。

 現在は主にインターネットサービスプロバイダー、またはビデオストリーミング、ゲーミングやオンライン教材などで使われ、顧客数は300社を超えました。顧客の多くは大規模な企業ですが、将来的には中小規模の企業向けプラットフォームの提供を予定しています。

顧客はアジアが70%、日本のパートナーを探している

―世界中でサービスを提供していますね。活動地域を教えてください。

 本社はアメリカにありますが、顧客の70%がアジア地域、残りの30%がアメリカとヨーロッパ地域です。アジアには、香港と中国本土に数箇所の支店があり、最近シンガポールにもオフィスを開設しました。

 私は、中国企業のグローバル化と、アメリカ企業の中国市場参入が増えたことにビジネスチャンスを感じ2014年にZenlayerを創業しました。例えば、20年ほど前に海外進出する日本企業をNTTやKDDIがサポートしていたのと同じような感じですね。

 幸い時代の流れに乗ることができ、ITサービスから始まり、徐々にクラウド・プラットフォームを世界各地に構築してきました。伝統的に参入が困難な、中国、ロシア、ブラジルや南アフリカを含める様々な国にデータセンターがあります。

―日本のパートナーを探していると聞きました。既にアプローチしている日本企業がありますか。

 まだどこにもアプローチしていません。日本市場の知識はあまり深くありませんが、日本は成熟市場だということは知っていますので、日本では例えばシステムインテグレータやキャリアのサービスを当社がサポートする形もいいと考えています。

 アメリカや中国では、ゲーム、ビデオストリーミングや、ソーシャルネットワーク業界で主に実績があります。日本でも同じように、コンテンツやメディアなどのエンタメ業界とインターネットサービスプロバイダーをターゲットと考えています。それに加え、日本では一緒に市場を開拓する、パートナーを探すことも視野に入れています。

―支店がある香港や中国本土、シンガポールではパートナーがいるのですか。

 はい、オフィスがあるシンガポールと香港および中国本土では自社でサービスを提供していますが、台湾ではパートナーがいます。日本市場は独特だと聞きます。そのため、日本での事業展開にはパートナーが必要だと考えています。

「インターネットにつながった世界」を世界中で支える

―将来の展望について聞かせてください。

 私たちのビジョンは、インターネットをよりよい物にすることです。接続が常に保たれるインターネット環境を、ビジネスユーザやクラウドユーザに提供し続けること。企業インフラや個人のニーズが常に変動している現代において、フレキシブルにシンプルにグローバルに対応し続けること。

 Zenlayerのプラットフォームではワンタッチでビジネスをグローバル化することができます。その実現においては、シンプルであることを追求していきます。当社の世界規模のネットワークと世界市場での拡大計画に従い、一歩ずつ進んでいくつもりです。



RELATED ARTICLES
パンデミックとデータ保護の両面から注目を集める、オープンソースの顧客データプラットフォームRudderStack
パンデミックとデータ保護の両面から注目を集める、オープンソースの顧客データプラットフォームRudderStack
パンデミックとデータ保護の両面から注目を集める、オープンソースの顧客データプラットフォームRudderStackの詳細を見る
OKRで企業の戦略実行と成果達成を加速させるWorkBoard。ソフトバンクも支援し、累計調達額は150億円超
OKRで企業の戦略実行と成果達成を加速させるWorkBoard。ソフトバンクも支援し、累計調達額は150億円超
OKRで企業の戦略実行と成果達成を加速させるWorkBoard。ソフトバンクも支援し、累計調達額は150億円超の詳細を見る
より正確に位置情報を把握。次世代のL5帯のみを使用した低コスト・省エネのL5GNSSレシーバー
より正確に位置情報を把握。次世代のL5帯のみを使用した低コスト・省エネのL5GNSSレシーバー
より正確に位置情報を把握。次世代のL5帯のみを使用した低コスト・省エネのL5GNSSレシーバーの詳細を見る
3億2000万人以上の医療データ分析プラットフォームで人々の健康を支援するKomodo Health
3億2000万人以上の医療データ分析プラットフォームで人々の健康を支援するKomodo Health
3億2000万人以上の医療データ分析プラットフォームで人々の健康を支援するKomodo Healthの詳細を見る
全ての開発者に機械学習を。組み込み機械学習でエッジデバイス開発を支援するEdge Impulse
全ての開発者に機械学習を。組み込み機械学習でエッジデバイス開発を支援するEdge Impulse
全ての開発者に機械学習を。組み込み機械学習でエッジデバイス開発を支援するEdge Impulseの詳細を見る
パンデミックで露呈したVPN接続の課題をクラウドネイティブのソリューションで解消―Axis Security
パンデミックで露呈したVPN接続の課題をクラウドネイティブのソリューションで解消―Axis Security
パンデミックで露呈したVPN接続の課題をクラウドネイティブのソリューションで解消―Axis Securityの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2021 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.