欧州のディープテック事情を解き明かす「ヨーロッパディープテックレポート2021」

欧州のディープテック事情を解き明かす「ヨーロッパディープテックレポート2021」
 読者により幅広い情報をお届けすべくスタートした外部レポート企画の第二弾。今回のテーマはディープテックです。量子コンピューター、ゲノム編集、精密医療などが当てはまるものの、定義が曖昧になりがちなこの言葉。ヨーロッパを中心としたスタートアップデータベースサービスを提供する「dealroom.co」をパートナーに迎え、彼らが作成した「ヨーロッパディープテックレポート2021」の日本語訳版を「TECHBLITZ」が提供します。

このレポートからわかること

・ディープテックとは
・欧州におけるディープテック投資動向
・注目の欧州ディープテックスタートアップ

ヨーロッパスタートアップ情報サービス、dealroom.co

 「dealroom.co」は2013年に創業し、アムステルダムに本拠地を構え、スタートアップデータベースサービスを提供しています。ヨーロッパのスタートアップ情報を多く提供し、現地VCや政府機関と共同でコンテンツ作成をおこなっています。

2021年はディープテックの年

 Air Street Capital創業者のNathan Benaich氏は、2点のリスクを抱えていることがディープテック企業の条件だと説明しています。その2点とは、R&Dリスク(研究開発が成功しないリスク)とPMFリスク(市場に受け入れられない・市場がないリスク)です。リスクが高く民間からアーリーステージでの活動資金を得にくいため、欧州ディープテック企業の多くが学術研究機関から生まれ、政府の助成金を受けています。

 その一方で、量子コンピューティング、ゲノム編集、深層学習などの分野に注目が集まる現在は、ディープテックとされる分野を目にする機会が大幅に増えています。

 「ヨーロッパディープテックレポート2021」では、ディープテックについて下記の内容を1つのレポートにまとめています。

  • ディープテックとは
  • ディープテック概要
  • がんの個別化治療にフォーカスしたBioNTech社の歩み
  • 近年創業した欧州ディープテック企業
  • 欧州におけるディープテック投資動向
  • 注目分野例(量子技術、気候変動対策、創薬・医薬、産業プロセス変革ロボット)

 将来普及していく技術トレンドを先取りする本レポートは、日本企業がイノベーションを進める際に有効な情報収集ツールとして活用していただける内容となっております。

 本レポートをご希望される方は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

※今回お問い合わせいただいた内容は、イシングループのプライバシーポリシーに基づき、dealroom.coと共有いたします。お問い合わせ内容はイシングループ、dealroom.co其々の責任において管理され、問い合わせ内容やサービスについて個別にご案内をさせていただく場合がございます。

カテゴリー AI / Research
関連記事
ノーコード×AIで簡単に業務効率化。米国で急成長するairSlateの実力
ノーコード×AIで簡単に業務効率化。米国で急成長するairSlateの実力
ノーコード×AIで簡単に業務効率化。米国で急成長するairSlateの実力の詳細を見る
ヘルスケア特化のノーコードAI開発プラットフォームLumiata。日本展開も視野に
ヘルスケア特化のノーコードAI開発プラットフォームLumiata。日本展開も視野に
ヘルスケア特化のノーコードAI開発プラットフォームLumiata。日本展開も視野にの詳細を見る
英語発音の悩みを解消。Googleも支援するAI英語コーチELSA
英語発音の悩みを解消。Googleも支援するAI英語コーチELSA
英語発音の悩みを解消。Googleも支援するAI英語コーチELSAの詳細を見る
調査員の40%の工数を削減。マネーロンダリングや犯罪組織の調査を自動化するQuantifind
調査員の40%の工数を削減。マネーロンダリングや犯罪組織の調査を自動化するQuantifind
調査員の40%の工数を削減。マネーロンダリングや犯罪組織の調査を自動化するQuantifindの詳細を見る
トヨタが出資、自動運転シミュレーション環境をつくるParallel Domain
トヨタが出資、自動運転シミュレーション環境をつくるParallel Domain
トヨタが出資、自動運転シミュレーション環境をつくるParallel Domainの詳細を見る
「もし自然災害の被害を予測できたら」を実現。AIで災害リスクを軽減させるOne Concern
「もし自然災害の被害を予測できたら」を実現。AIで災害リスクを軽減させるOne Concern
「もし自然災害の被害を予測できたら」を実現。AIで災害リスクを軽減させるOne Concernの詳細を見る