イノベーションにつながる“ひらめき”を誘発する、コラボレーションツールMURAL

イノベーションにつながる“ひらめき”を誘発する、コラボレーションツールMURAL

Collaboration Tool / Silicon Valley / Startup / MURAL
2020/12/15
ひらめきを生み出したり、活発なディスカッションを誘発するには、環境やツールが重要である。MURALは、コラボレーションを促進し、良いアウトプットを誘発するクラウド型コラボレーションツール。同社は累計1億4000万ドル超を調達しており、日本市場の本格展開も予定している。今回はCo-Founder & CEOのMariano Suarez-Battan氏に話を聞いた。

オンラインでも、チームでホワイトボードにアイデア出しできる感覚

――まずはMURALを立ち上げた経緯について教えてもらえますか。

 私は、2005年にビデオゲーム会社Three Melonsを立ち上げ、2010年にFacebookでサッカーゲーム「Bola」を公開しました。そして同年に、ソーシャルゲームメーカーのPlaydomに買収され、最終的にPlaydomはDisneyに買収されました。「Bola」は公開から2年後の2012年には、約2000万人のプレイヤーが使うゲームに成長しました。

Mariano Suarez-Battan
MURAL
Co-Founder & CEO
Universidad Torcuato Di Tella(アルゼンチン・ブエノスアイレス)にて経営学の学位を取得。2005年にゲーム開発会社Three Melonを共同で設立し、CEOに就任。2010年に、ソーシャルゲームメーカーPlaydomに同社を売却。2011年にMURALを設立し、CEOに就任。
 買収に伴い、Disneyでゲーム開発に携わるようになり、新しいアイデアを考えていた時のことです。私はパワーポイントやキーノートよりも「下書き」に近い感覚で、複数のメンバーで共創できるものがほしい、と感じるようになりました。

 MURALは、ゲームデザイナーだった私自身のニーズから生まれています。まだ深く詰められてない完璧ではないアイデアを、ホワイトボードに下書きするような感覚で使えるツールがほしいと思ったのです。

――MURALはどんなツールで、どういった方々に利用されているのでしょうか。

 イノベーションは、最初はひらめきから始まると考えています。MURALは、言わば「クラウド型のひらめき可視化ツール」です。MURALはひらめいたアイデアを可視化でき、共有することができます。こういったツールは特にデザイン思考を重視し、迅速にプロジェクトを進めたいチームには必要なものです。

 当社の顧客にはグローバル企業、業界トップクラスの企業が多く、私たちはアクセンチュアやIDEOなど、働き方を改革するコンサルタントと提携しています。

 MURALの用途はたくさんあります。デザイナー、エンジニアやプロダクトマネージャーなどが、社内メンバーからひらめきを導き出すため、あるいは問題を解決するため。営業担当者がクライアントとワークショップを行う際に活用するためなどに利用されています。

 企業だけでなく、政府機関や地方自治体、そして教育機関で、変化を起こしたいと考えている組織でも、様々な形で活用されています。

――日本人は内向的で、アイデアを共有するのを躊躇するケースもあります。

 そうですね。内向的な人も利用しやすいよう、「プライベートモード」という機能を最近導入しました。
   この機能を使うと、例えば、Sticky note(ポストイット)に意見を書き込み、ボードに貼り付け、皆で共有する形で行うブレインストーミングの場でも、非公開のSticky noteを作れます。そして、ファシリテーターがいれば、ファシリテーターのみに共有し、全体の場で公開するか判断を委ねることが可能です。

 内向的な人に限らず、MURALの利用者は、様々なセッションで経験を重ねることで場慣れし、自信がついていきます。そうすると、より積極的に意見を発し、自信を持ってセッションに参加できるようになります。

プライベートモードでは、メンバーに非公開の意見を書き込んだり、ファシリテーターのみに共有できる。

日本市場でもチーム組成、本格展開を予定

――日本でもすでにユーザーがいるのでしょうか。

 はい、まだ社名は出せませんが、日本企業にもご利用いただいています。パンデミックになってからは、アーリーアダプターに限らず、多くのユーザーがいます。

 まだ日本語版はありませんが、日本語でのコンテンツ作成は可能です。ビジュアルを重視したUIになっているので、英語が理解できなくてもMURALの使用方法はわかっていただけているようです。

ビジュアル重視のUIで直感的に操作できる。

 当社は、今年8月に完了したシリーズBラウンドで、日系VCであるWiLから出資を受けました。いま同社の協力を得て、日本市場への参入を進めています。今後、日本で営業やカスタマーサクセス担当者やファシリテーターを募集します。そして、来年にはチームを組んで日本市場に本格参入する予定です。

設立 2011年
事業内容 クラウドコラボレーションツールの提供
資金調達額 1億4230万USドル(2020年12月現在)
従業員数 100人以上
拠点 San Francisco, California
URL https://www.mural.co/
関連記事
MicrosoftとGoogleに挑む、次世代オールインワンドキュメント作成プラットフォームCoda
MicrosoftとGoogleに挑む、次世代オールインワンドキュメント作成プラットフォームCoda
MicrosoftとGoogleに挑む、次世代オールインワンドキュメント作成プラットフォームCodaの詳細を見る
【ユニコーン】累計4億6000万ドル調達、日本展開を果たした金融向けコラボレーションツールSymphonyの現在
【ユニコーン】累計4億6000万ドル調達、日本展開を果たした金融向けコラボレーションツールSymphonyの現在
【ユニコーン】累計4億6000万ドル調達、日本展開を果たした金融向けコラボレーションツールSymphonyの現在の詳細を見る
契約をデジタル化せよ。弁護士が起業したデジタル契約書プラットフォームIronclad
契約をデジタル化せよ。弁護士が起業したデジタル契約書プラットフォームIronclad
契約をデジタル化せよ。弁護士が起業したデジタル契約書プラットフォームIroncladの詳細を見る
【CEOに直接取材】2020年4月に資金調達した、今ホットな米国スタートアップ
【CEOに直接取材】2020年4月に資金調達した、今ホットな米国スタートアップ
【CEOに直接取材】2020年4月に資金調達した、今ホットな米国スタートアップの詳細を見る
契約書をスキャンするとAIで期限や条件を管理できるEvisort
契約書をスキャンするとAIで期限や条件を管理できるEvisort
契約書をスキャンするとAIで期限や条件を管理できるEvisortの詳細を見る
コロナで事業加速、人々の生活を変える米国発スタートアップ106社【宅配・教育・医療・エンタメなど】
コロナで事業加速、人々の生活を変える米国発スタートアップ106社【宅配・教育・医療・エンタメなど】
コロナで事業加速、人々の生活を変える米国発スタートアップ106社【宅配・教育・医療・エンタメなど】の詳細を見る