「TECHBLITZ」編集部では今回、「マテリアル」に関連するOverviewや幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報に焦点を当てた「Materials Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「マテリアル」関連のテックトレンド(ナノテクノロジー、代替プラスチック、3Dプリンティング、エレクトロニクス、農業・フードetc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「Materials Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • 特集 <マテリアル・リサイクル>
  • 大手企業の協業事例(海外)
  • 大手企業の協業事例(日本)

コロナ禍で産業構造の変化や環境問題などで求められるマテリアルの機能や条件がより多様で、複雑に

 長年、産業界では自動車業界を筆頭に強靭 / 軽量 / コンパクトな先端材料が求められ、開発が進められてきました。このような軽薄短小なものづくりを追求する流れは変わりませんが、それに加えて近年はコロナ禍による産業構造の変化や環境問題などの要因もあり、求められるマテリアルの機能や条件がより多様に、複雑なものになっています。

 例えば、より広範囲かつ高度な通信網の実現を進めるエレクトロニクスや衛星通信等を提供する航空宇宙業界では、高度な応答性を持つマテリアルや、極限環境でも性能を発揮するマテリアルの開発が期待されています。同様に、製造 / 自動車 / エネルギー / 建築 / 医療など幅広い業界で、センサーやロボット等を活用した新しいソリューションが生まれており、それらのニーズや要件に応える様々なマテリアルが開発されています。

 加工技術や製造プロセスについても、テクノロジーの開発によって新たなニーズや要件に応えようとする動きが見られます。特に、材料に特殊なアレンジを施して機能性を高める加工技術、活用業界が広がる3Dプリンター、より複雑さを増す研究開発を支援するマテリアルズインフォマティクスなどの進歩はめざましく、今後のさらなる技術発展が期待されています。

 なお、2015年に採択されたパリ協定やSDGs (持続可能な開発目標) の実現に向けた環境問題への対応も、昨今のマテリアル業界に大きな変化をもたらしています。資源の枯渇への危機感やCO2排出削減の促進、マイクロプラスチック問題などに応える形で、再生可能なバッテリーやCO2キャプチャに使われるマテリアル、生分解性プラスチックなど、より環境に配慮した持続可能性のあるマテリアルや技術が次々考案されています。

 こうして生まれた先端材料や機能性材料、加工 / プロセス技術が各産業にて活用されることで、また新たなテクノロジーや製品の誕生を促進することでしょう。革新的なマテリアルが複数の産業に様々な形で用いられることで、社会全体の様相もがらっと変わってしまうかもしれません。そのように考えると、マテリアルや加工技術の発展は産業の根幹に深く関わっており、我々に大きな影響を与えるものと言えるでしょう。

 このような観点から、本レポートではマテリアル関連分野について、産業の上流から下流の流れに沿い、①先端材料、②材料の加工 / プロセス技術、③産業分野別にグループ分けして特に注目を集めるカテゴリーをピックアップし、それぞれのトレンドと有望なスタートアップ企業を掲載しました。さらに特集ページでは持続可能な社会を目指してマテリアル・リサイクルに取り組むスタートアップを取り上げています。また本レポート後半では大手企業とスタートアップの協業事例もご紹介しています。

環境問題への対応も昨今のマテリアル業界に大きな変化をもたらしている

 「Materials Trend Report」は、以下の画像の内容で構成しております。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

世界の最新技術・サービス・事業アイデアの初期調査に|BLITZ Research Package
TECHBLITZが市場調査をサポート
世界の最新技術・サービス・事業アイデアの初期調査に|BLITZ Research Package
「世界の先端技術・ソリューションのスポット調査・発掘に|BLITZ Research」の詳細を見る

 「カテゴリー概要」では、「マテリアル」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、「TECHBLITZ」編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • ナノテクノロジー
  • 複合材料
  • 代替プラスチック
  • テキスタイル
  • メタマテリアル
  • 3Dプリンティング
  • マテリアルズインフォマティクス
  • エレクトロニクス
  • モビリティ
  • エネルギー
  • 建設・環境インフラ
  • 農業・フード

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「Materials Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「Materials Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
CESで存在感示した韓国スタートアップ │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
CESで存在感示した韓国スタートアップ │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
CESで存在感示した韓国スタートアップ │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選の詳細を見る
世界的企業からも厚い信頼、超高速の産業用3Dプリンター Nexa3D
世界的企業からも厚い信頼、超高速の産業用3Dプリンター Nexa3D
世界的企業からも厚い信頼、超高速の産業用3Dプリンター Nexa3Dの詳細を見る
成長が期待される先端材料のスタートアップが分かる【マテリアルテックトレンドレポート】
成長が期待される先端材料のスタートアップが分かる【マテリアルテックトレンドレポート】
成長が期待される先端材料のスタートアップが分かる【マテリアルテックトレンドレポート】の詳細を見る
三菱ケミや三井物産も顧客 化学業界の「マーケットプレイス」 Knowde
三菱ケミや三井物産も顧客 化学業界の「マーケットプレイス」 Knowde
三菱ケミや三井物産も顧客 化学業界の「マーケットプレイス」 Knowdeの詳細を見る
高速動作かつ低消費電力 炭素材料「グラフェン」用いた電子デバイス量産化 Paragraf
高速動作かつ低消費電力 炭素材料「グラフェン」用いた電子デバイス量産化 Paragraf
高速動作かつ低消費電力 炭素材料「グラフェン」用いた電子デバイス量産化 Paragrafの詳細を見る
3Dプリンターだからできた特製サプリグミ サントリー出資で日本展開に弾み Rem3dy Health
3Dプリンターだからできた特製サプリグミ サントリー出資で日本展開に弾み Rem3dy Health
3Dプリンターだからできた特製サプリグミ サントリー出資で日本展開に弾み Rem3dy Healthの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
「グローバルオープンイノベーションインサイト」
もプレゼント



Copyright © 2024 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.