TECHBLITZ編集部では今回、急激な普及を見せる「ジェネレーティブAI」に関連する進化の背景や注目プレーヤーを1つのレポートにまとめた「ジェネレーティブAI Trend Report」を作成しました。

このレポートからわかること

●「ジェネレーティブAI」概要
●「ジェネレーティブAI」進化の歴史
●対話形式に最適化されたAI言語モデル「ChatGPT」
●「ジェネレーティブAI」各カテゴリーの注目プレーヤー(前半)


※今回TECHBLITZ上で配布する「ジェネレーティブAI Trend Report」レポートは一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。
[完全版で追加される内容]
・「ジェネレーティブAI」各カテゴリーの注目プレーヤー(後半|メディア/広告、デザイン、コード生成、ドキュメンテーション、音声・3Dモデル・動画・創薬・トレーニングデータ)

ジェネレーティブAIとは

 そもそも ジェネレーティブAI(Generative AI、生成/生成的AI)とは、創造的でありながらも現実的な全く新しいデジタル画像や動画、音声、文章やコードなどを作成できる人工知能です。2020年8月のGartnerのハイプサイクルに黎明期の技術として登場していましたが*、2022年夏頃より急激に注目を集めるようになりました。

* https://www.gartner.co.jp/ja/newsroom/press-releases/pr-20200819

既存のAI技術との違いと、今後の普及

 これまでAIといえば文字を認識するAIや画像から物体を認識するAIなど、いわゆるディスクリミネーティブ(認識/識別系)AIが主流でしたが、2022年8月頃の画像生成AI「Midjourney」の発表を皮切りに、対話型でテキストを生成する「ChatGPT」や、より質の高い画像が生成できる「Stable Diffusion」など、創造性に優れたジェネレーティブAIが次々と登場し、盛り上がりを見せています。またジェネレーティブAIの中にはオープンソースであるものも多く、2022年後半からその普及に拍車がかかっています。

 現在ジェネレーティブAIは研究段階から様々な産業での実用段階に移行しつつあると言えるでしょう。英国金融行為監督機構(FCA)は不正決済の検知を行うAIの開発にジェネレーティブAIを活用しています。

 2022年、ジェネレーティブAI分野のスタートアップに対する総投資額は$2.6B(約3,406億円: 2022年平均 1ドル=131円)にものぼりました。*

 一方で、あたかも政治家や著名人本人が話しているかのようなディープフェイク動画やフェイクニュースの生成がジェネレーティブAIによってこれまでになく簡単になり、大きな混乱を来たす恐れがあることにも留意すべきです。

* https://www.cbinsights.com/research/generative-ai-funding-top-startups-investors/

世界の最新技術・サービス・事業アイデアの初期調査に|BLITZ Research Package
TECHBLITZが市場調査をサポート
世界の最新技術・サービス・事業アイデアの初期調査に|BLITZ Research Package
「世界の先端技術・ソリューションのスポット調査・発掘に|BLITZ Research」の詳細を見る

ジェネレーティブAIを一括把握

 本レポートは、前半部分ではGenerative AIの進化の歴史や、近年特に話題となっている「OpenAI」と大規模な自然言語処理モデル「GPT-3」、そして「ChatGPT」の解説を行います。後半ではジェネレーティブAIの分野でモデルやアプリケーションを展開する有望なスタートアップをカテゴリー別に紹介します。

クリエイティブや研究開発領域まで多岐にわたるジェネレーティブAI

 これまでクリエイターの創造性が不可欠だと考えられてきたコピーライティングの世界や、豊富な専門知識と高度な創造性を組み合わせる必要のあった住居の設計、コード生成、創薬など、ジェネレーティブAIが注目を集める領域は多岐にわたります。本レポートでは、下記のカテゴリーの注目スタートアップを集めました。

  • Category01 テキスト生成
  • Category02 コピーライティング
  • Category03 営業用途
  • Category04 画像生成
  • Category05 メディア / 広告 ※
  • Category06 デザイン ※
  • Category07 コード生成 ※
  • Category08 ドキュメンテーション ※
  • Category09 音声・3Dモデル・動画・創薬・トレーニングデータ ※
※ BLITZ Portal会員向けの完全版レポートのみに掲載

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、また研究開発やオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「ジェネレーティブAI Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「ジェネレーティブAI Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、弊社と同業種の方等へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
「空の揺れ」の可視化で運航のCO2を削減 航空会社の業務最適化アプリで世界市場へ
「空の揺れ」の可視化で運航のCO2を削減 航空会社の業務最適化アプリで世界市場へ
「空の揺れ」の可視化で運航のCO2を削減 航空会社の業務最適化アプリで世界市場への詳細を見る
【特許トレンド解説レポート付き】あらゆる産業に関わる「AI(人工知能)」の今後の動向は?
【特許トレンド解説レポート付き】あらゆる産業に関わる「AI(人工知能)」の今後の動向は?
【特許トレンド解説レポート付き】あらゆる産業に関わる「AI(人工知能)」の今後の動向は?の詳細を見る
データ加工やアルゴリズム開発で、生成AIの回答精度を大幅に向上 カサナレ
データ加工やアルゴリズム開発で、生成AIの回答精度を大幅に向上 カサナレ
データ加工やアルゴリズム開発で、生成AIの回答精度を大幅に向上 カサナレの詳細を見る
CESで存在感示した韓国スタートアップ │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
CESで存在感示した韓国スタートアップ │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
CESで存在感示した韓国スタートアップ │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選の詳細を見る
AIの動作をAIでモニタリング、エンジニア視点のソリューション Arize AI
AIの動作をAIでモニタリング、エンジニア視点のソリューション Arize AI
AIの動作をAIでモニタリング、エンジニア視点のソリューション Arize AIの詳細を見る
世界的企業からも厚い信頼、超高速の産業用3Dプリンター Nexa3D
世界的企業からも厚い信頼、超高速の産業用3Dプリンター Nexa3D
世界的企業からも厚い信頼、超高速の産業用3Dプリンター Nexa3Dの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
「グローバルオープンイノベーションインサイト」
もプレゼント



Copyright © 2024 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.