Image: Dandelion Energy
住宅向けに地熱を使って部屋を暖めたり冷やしたりする冷暖房システムを販売するDandelion Energy。エネルギー価格の高騰や温暖化対策で排出ガスが気になる中で地球にも家計にも優しいエネルギー活用を目指す。Co-founder & PresidentのKathy Hannun氏に話を聞いた。

現業にこだわらず大切なものを未来へ ENEOSが目指す将来像
関連記事
現業にこだわらず大切なものを未来へ ENEOSが目指す将来像
「現業にこだわらず大切なものを未来へ ENEOSが目指す将来像」の詳細を見る

地熱の冷暖房システム

―どのような製品を提供していますか。

 私たちは住宅用の地熱による冷暖房システムを販売しています。冷暖房システムの設置、製品そのものが全てパッケージになっています。家主が自分たちでしないといけないことは何もありません。その住宅に合うようにデザインし、0から作ることができます。支払い方法も前払いすることも可能ですし、前払いせずに月額で払うこともできます。今後はメンテナンスサービスも提供する予定です。

Kathy Hannun
Dandelion Energy
Co-founder & President
2009年スタンフォード大学卒、2015年同大学院で理論コンピュータサイエンス修士号取得。Google社を経て、2017年Dandelion Energy創業。
 

―具体的にはどのように地熱を生かすのですか。

 私たちの地熱冷暖房システムは、ヒートポンプを入れることで、エアコンや暖房炉の代替ができます。大きさも暖炉くらいで、もともと暖炉やボイラーがあった場所に設置可能です。温水を使って、部屋を暖めたり冷やしたりすることができます。ground loopsと呼んでいるプラスチックのパイプのようなものを庭に設置し、それと室内のヒートポンプをつなぎます。これにより、既にある熱を移動させることで冷暖房を可能にするので、COP(Coefficient Of Performance:動作係数)という指標で400%の高い効率を達成しています。

地球にやさしく、費用も削減

―地熱を使うことで、どのようなメリットがありますか

 まず地球温暖化で排出ガス削減が求められています。アメリカでのグリーンハウスガス排出の大きな原因の一つは建物の冷暖房です。ですから、私たちは建造物や電気暖房器具を脱炭素化する必要があります。同時に、米国の家主たちは膨大なお金を暖房に欠けています。ヒートポンプに買えることで排出をなくすと同時に費用もかなり削減することができます。

独自のドリルやソフトウェアを開発

―競合他社はいるのでしょうか。

 競合他社は多くはありません。多くの他社はとても小規模で10人程度のファミリービジネスとしてやっています。私たちの強みはテクノロジーを導入したことです。たとえば私たちは狭い場所でも掘ることができるよう独自のドリルを開発しましたし、ヒートポンプとそれを管理してより効率的に使うためのソフトウェアも開発しています。他社はそういったテクノロジーを持ってない場合が多いですし、価格も高く、顧客フレンドリーではないことが多いです。

インフラ系やリセーラーとのコラボレーションも

―日本市場への参入の可能性はありますか。

 中期的にはまずはニューヨークでビジネスを拡大して、それを全米に広めること。日本にも将来的には関心はあります。エネルギー価格は上がっていますし、インフラ系企業やリセールをしてもらえる企業との連携はあり得ると思います。

都市交通や自治体行政のスマート化…スマートシティ関連のトレンドが掴める「Smart City Trend Report」
関連記事
都市交通や自治体行政のスマート化…スマートシティ関連のトレンドが掴める「Smart City Trend Report」
「都市交通や自治体行政のスマート化…スマートシティ関連のトレンドが掴める「Smart City Trend Report」」の詳細を見る

いつでもどこでもワイヤレス充電 自動車、ロボット、家電、医療機器 ソリューション提供のPowermat Technologies
関連記事
いつでもどこでもワイヤレス充電 自動車、ロボット、家電、医療機器 ソリューション提供のPowermat Technologies
「いつでもどこでもワイヤレス充電 自動車、ロボット、家電、医療機器 ソリューション提供のPowermat Technologies」の詳細を見る

いつでもどこでもワイヤレス充電 自動車、ロボット、家電、医療機器 ソリューション提供のPowermat Technologies
関連記事
いつでもどこでもワイヤレス充電 自動車、ロボット、家電、医療機器 ソリューション提供のPowermat Technologies
「いつでもどこでもワイヤレス充電 自動車、ロボット、家電、医療機器 ソリューション提供のPowermat Technologies」の詳細を見る



RELATED ARTICLES
【寄稿】Behind the meter 領域のエネルギーテックの可能性
【寄稿】Behind the meter 領域のエネルギーテックの可能性
【寄稿】Behind the meter 領域のエネルギーテックの可能性の詳細を見る
コネクテッドカー向け  AIを活用したソフトウェアの自己修復ソリューション  Aurora Labs
コネクテッドカー向け AIを活用したソフトウェアの自己修復ソリューション Aurora Labs
コネクテッドカー向け AIを活用したソフトウェアの自己修復ソリューション Aurora Labsの詳細を見る
現場での映像解析AIプラットフォームを新たな社会インフラに― EDGEMATRIXの狙い
現場での映像解析AIプラットフォームを新たな社会インフラに― EDGEMATRIXの狙い
現場での映像解析AIプラットフォームを新たな社会インフラに― EDGEMATRIXの狙いの詳細を見る
【まとめ】温暖化対策に取り組む気候テック COP27開催
【まとめ】温暖化対策に取り組む気候テック COP27開催
【まとめ】温暖化対策に取り組む気候テック COP27開催の詳細を見る
「京都発 テクノロジー×スマートシティ」 持続可能なまちづくりへ
「京都発 テクノロジー×スマートシティ」 持続可能なまちづくりへ
「京都発 テクノロジー×スマートシティ」 持続可能なまちづくりへの詳細を見る
「物流クライシス」に挑み、持続可能な配送インフラを 配送ルートの最適化アルゴリズム オプティマインド
「物流クライシス」に挑み、持続可能な配送インフラを 配送ルートの最適化アルゴリズム オプティマインド
「物流クライシス」に挑み、持続可能な配送インフラを 配送ルートの最適化アルゴリズム オプティマインドの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


新規事業の
調査業務を効率化
成長産業に特化した調査プラットフォーム
BLITZ Portal
社員の声でイノベーションを効率化する
アイデア管理プラットフォーム
q-ideate

Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.