「TECHBLITZ」編集部では今回、「スマートシティ」領域の注目テクノロジーやその関連スタートアップ、国内外の大手企業協業事例に焦点を当てた「Smart City Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「スマートシティ」関連のテックトレンド(都市交通スマート化、スマートパーキング&EV充電インフラ、スマート公共サービス、地域活性化&観光etc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「Smart City Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • スタートアップ・ピッチイベント…FIA SMART CITIES GLOBAL START-UP CONTEST
  • 大手企業の協業事例(海外)…Cisco & Paris,VISA & Harrogate(UK),Google etc
  • 大手企業の協業事例(日本)…NTT Docomo,JAL, MS&AD & 三井住友海上,損保ジャパン日本興亜 & ウェザーニュース etc

スマートシティが都市の諸問題を解消する

 AIや超高速ネットワーク技術、そしてIoTやコネクテッドデバイスなどから得られるビッグデータを活用して、より安全で快適、持続可能かつレジリエンスの高い都市を実現し、人々の生活の質を向上させるー世界中の数多くの自治体がスマートシティ構想を掲げ、大手企業そしてスタートアップと組んで様々な取り組みを行っています。また、自治体の先進的な事例を表彰するイベント、あるいはスタートアップによるピッチコンテストなども世界各地で盛んに開催されています。

 スマートシティは、既に成熟した先進諸国の都市をより便利に、より快適にするだけではありません。成長する都市が直面するだろう問題の解決にも寄与することが期待されています。国連によると、2050年に世界の総人口は97億人に達し、2018年時点で総人口の55%を占めていた都市人口の割合が、同年には68%にまで高まると予測されています*。都市の拡大と都市人口の増加は、環境負荷の増大や住宅不足、交通渋滞といった問題をともないます。また、都市の自然災害に対する脆弱性を指摘する声もあります。このような問題を一気に解消する万能薬は存在しませんが、スマートシティが解決策のひとつになるだろうと考えられてます。

 本レポートでは、スマートシティに関連する技術やソリューションを提供するスタートアップ、そして大手企業や自治体とスタートアップによる協業事例を紹介します。更にスマートシティ分野のピッチコンテストの一例として、電動自動車の「F1」として知られる「フォーミュラE」がシーズンごとに開催している「SMART CITIES GLOBAL START-UP CONTEST」を取り上げ、過去シーズンの優勝チーム(スタートアップ)のビジネス概要を簡単にまとめました。

*United Nations, "World Urbanization Prospects 2018"

自然災害の被害状況を瞬時に予測するシステムや市民の声を拾い上げるテクノロジー

 「Smart City Trend Report」は画像の内容で構成しています。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

 「カテゴリー概要」では、「スマートシティ」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、「TECHBLITZ」編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • 都市交通のスマート化
  • MaaS
  • 自動配送サービス
  • スマートパーキング&EV充電インフラ
  • エネルギーと資源の効率利用
  • クリーンエネルギー発電
  • 環境モニタリング&ゴミ処理
  • レジリエンス
  • スマート公共サービス
  • 地域活性化&観光
  • 都市開発シミュレーション

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「Smart City Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。
 

※今回TECHBLITZ上で配布する「Smart City Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
日本でもローンチ予定、毎日の通勤・通学を便利にする月額定額制のモビリティアプリ
日本でもローンチ予定、毎日の通勤・通学を便利にする月額定額制のモビリティアプリ
日本でもローンチ予定、毎日の通勤・通学を便利にする月額定額制のモビリティアプリの詳細を見る
どこでも手軽にスクーターで移動!韓国最大手の電動スクーターシェアサービスSWINGを日本でも
どこでも手軽にスクーターで移動!韓国最大手の電動スクーターシェアサービスSWINGを日本でも
どこでも手軽にスクーターで移動!韓国最大手の電動スクーターシェアサービスSWINGを日本でもの詳細を見る
ビル・ゲイツのファンドも支援する、地熱利用の冷暖房システムDandelion Energy
ビル・ゲイツのファンドも支援する、地熱利用の冷暖房システムDandelion Energy
ビル・ゲイツのファンドも支援する、地熱利用の冷暖房システムDandelion Energyの詳細を見る
「もし自然災害の被害を予測できたら」を実現。AIで災害リスクを軽減させるOne Concern
「もし自然災害の被害を予測できたら」を実現。AIで災害リスクを軽減させるOne Concern
「もし自然災害の被害を予測できたら」を実現。AIで災害リスクを軽減させるOne Concernの詳細を見る
ダイキンと組んでニューヨークの街を省エネ化。古いビルのエネルギー性能を分析して改善するBlocPower
ダイキンと組んでニューヨークの街を省エネ化。古いビルのエネルギー性能を分析して改善するBlocPower
ダイキンと組んでニューヨークの街を省エネ化。古いビルのエネルギー性能を分析して改善するBlocPowerの詳細を見る
【ユニコーン】ドイツ発、空飛ぶタクシーを開発するLilium。2025年の実用化を目指す
【ユニコーン】ドイツ発、空飛ぶタクシーを開発するLilium。2025年の実用化を目指す
【ユニコーン】ドイツ発、空飛ぶタクシーを開発するLilium。2025年の実用化を目指すの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2021 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.