企業の「脅威さらされ度」を分析するサイバーセキュリティリスクプラットフォームCyberCube

企業の「脅威さらされ度」を分析するサイバーセキュリティリスクプラットフォームCyberCube

Cyber Security / Silicon Valley / Startup / CyberCube
2020/06/05
CyberCubeは法人向けサイバー保険商品を提供する保険会社や再保険会社を対象に、個々の被保険者および全世界的に企業のサイバーセキュリティリスクを分析する、シマンテック社からスピンオフしたスタートアップだ。今回はCEOのPascal Millaire氏に話を聞いた。

企業のサイバーリスクを分析し、保険会社と再保険会社のリスクを軽減

―まずはCyberCubeのサービスについて教えていただけますか。

 21世紀の企業活動において、サイバーセキュリティは、最も重要なリスクであり、常につきまとう脅威です。そのため、リスクを理解することや、リスクを軽減するために適切な措置が行えているか、状況を把握することが非常に重要です。そして、企業におけるサイバーセキュリティリスクは、年々増加していることから、保険が重要な役割を担うと私たちは考えています。

 当社は、保険会社および再保険会社向けに2種類のサービスを提供しています。一つは、法人向けサイバー保険の被保険者が持つリスクを分析するサービスです。アンダーライターは、当社のプラットフォームにアクセスし、被保険者である企業の名前を検索するだけで、その企業のサイバーセキュリティを分析したデータを入手でき、引受の可否を判断する際に活用できます。もう一つは、多くの企業を同時に分析し、破滅的なサイバー攻撃の、バランスシートに対する影響範囲をモデリングするサービスです。

 7から8年前は、サイバーリスクは重要視されていませんでした。しかし現在では、米国の保険加入者はサイバーリスクを一番のリスクと見なしています。サイバー保険市場は米国を中心に成長し、ヨーロッパでも市場が拡大しています。アジア地域に関しても、過去1から2年の間で、法人向けのサイバー保険商品が増えてきています。

Pascal Millaire
CyberCube
CEO
University of Cambridge卒業後、スタンフォード大学大学院にてMBA取得。McKinsey & CompanyにてEngagement Manager、ホテル業界向けソフトウェアを手掛けるFingiにてPresidentを務めた。2015年からSymantecのCyber InsuranceにてVice President & General Managerを務めた後、2018年にCyberCubeのCEOに就任。2019年よりCapital GroupのBoard of Directorsを兼任。
 

優れたモデリングと分析には優れた大規模データが必要

―サービスの特徴を教えてください。

 当社は、世界最大規模の、脅威インテリジェンスネットワークを運用するシマンテック社からスピンオフした会社です。シマンテック社が保有する大規模なサイバーセキュリティデータに加え、データパートナー24社から得るデータを使いサイバーセキュリティのトレンド把握、企業の分析やモデリングを行っています。優れたデータを大規模で使っていること、これが当社のサービスを際立たせています。

―米国内だけでなく世界規模のデータを活用しているということですね。どういった企業が御社の顧客になっていますか。

 現在は、サイバー保険の最大手再保険会社4社の内3社と、世界的な大手保険会社が複数社当社のサービスを使っています。

 日本には顧客はまだいませんが、当社のような保険業界のテクノロジー系スタートアップにとって、日本市場は重要で魅力的な市場です。

―どういった意味で日本市場が魅力的なのでしょうか。

 日本の損害保険市場は世界的に見ても最大規模で、国内の市場規模も大きいこと、そして、日本の大手保険会社が、欧米の保険会社との業務提携やM&Aを通じて海外事業基盤を拡大していることが魅力です。

日本の保険会社や再保険会社に合わせたサービスを提供したい

―今後、日本での展開を視野に入れているということですね。

 日本のサイバー保険市場は、初期段階にあり、日本の損害保険業界にとって数少ない成長市場の一つです。当社は、数ヶ月前から日本市場への進出に向けた活動を始めています。日本の保険会社や再保険会社の関係者と会うために日本にも何回か行きました。

 日本の保険会社や再保険会社にとって、サイバー保険商品の収益性を高めるプラットフォームとなるためには、当社がどのように関わればいいのか、これを見極めることがまず第一歩です。今は、日本の保険会社や再保険会社を理解することに注力します。そして、将来的には、日本にもオフィスを設けたいと考えています。

設立 2015年
事業内容 データドリブンなサイバーセキュリティリスク分析を保険業界向けに提供
資金調達額 5000万USドル(2020年6月)
従業員数 10人以上
拠点 San Francisco, California
URL https://www.cybcube.com/
関連記事
ナノダイヤモンドを使いサプライチェーンを透明化DUST Identity
ナノダイヤモンドを使いサプライチェーンを透明化DUST Identity
ナノダイヤモンドを使いサプライチェーンを透明化DUST Identityの詳細を見る
【CEOに直接取材】2020年5月に資金調達した、今ホットな米国スタートアップ
【CEOに直接取材】2020年5月に資金調達した、今ホットな米国スタートアップ
【CEOに直接取材】2020年5月に資金調達した、今ホットな米国スタートアップの詳細を見る
「イスラエル スタートアップエコシステムレポート」発刊! イスラエルスタートアップの2020年最新状況を1つに
「イスラエル スタートアップエコシステムレポート」発刊! イスラエルスタートアップの2020年最新状況を1つに
「イスラエル スタートアップエコシステムレポート」発刊! イスラエルスタートアップの2020年最新状況を1つにの詳細を見る
「料理を運ぶ」自律走行型の配膳ロボットPenny
「料理を運ぶ」自律走行型の配膳ロボットPenny
「料理を運ぶ」自律走行型の配膳ロボットPennyの詳細を見る
世界最小ディスプレイを搭載したスマートコンタクトレンズを開発するMojo Vision
世界最小ディスプレイを搭載したスマートコンタクトレンズを開発するMojo Vision
世界最小ディスプレイを搭載したスマートコンタクトレンズを開発するMojo Visionの詳細を見る
サイバー攻撃の阻止とダメージを受ける前に脅威に対応するディフェンスプラットフォームCybereason
サイバー攻撃の阻止とダメージを受ける前に脅威に対応するディフェンスプラットフォームCybereason
サイバー攻撃の阻止とダメージを受ける前に脅威に対応するディフェンスプラットフォームCybereasonの詳細を見る