アイテムの写真を撮るだけで保険をかけられるCover

アイテムの写真を撮るだけで保険をかけられるCover

FinTech / Insurance / Mobile App / Silicon Valley / Startup / Cover
2018/09/29
Coverは保険をかけたいものの写真を撮り、アプリにアップロードするだけで適切な保険をレコメンドしてくれる。今回はCo-founderでCEOのKarn Saroya氏に話を聞いた。
Karn Saroya
Cover
Co-founder & CEO
クイーン大学卒業。マサチューセッツ工科大学工科大学にてファイナンスの修士号を取得。2015年にShopifyのモバイルプロダクトチームを率いたのち、モバイルE-CommerceプラットフォームのStylekickを設立。2016年にCoverを設立し、CEOに就任。

写真をとれば保険がかけられる

―Coverのサービスについて教えてください。

 Coverは車や時計など保険をかけたいアイテムを写真に撮るだけで、そのアイテムに合った保険をかけられるアプリです。私たちは保険の選択肢を複数提示するだけではなく、そのユーザーに合ったった保険をレコメンドするように工夫しています。現在、アメリカ合衆国の49の州でサービスを提供していて、30の保険会社とパートナー契約を結んでいます。ユーザーの80%以上は35歳以下の若い人たちですね。

―どのようなアイテムがサービスを利用できるのでしょうか。

 ほとんどのユーザーは車や家の保険を探すためにCoverを利用していますが、もちろん、iPhoneやペット、宝石などにも対応しています。

編集部により一部変更いたしました。

―例えば、腕時計に保険をかける場合、Coverは腕時計の状態をどう判断するんでしょうか。

 私たちはTensorFlow(Googleが開発したディープラーニング・マシンラーニングのライブラリー)をベースとしたカメラを使用し、アイテムの識別や傷などの自動検出を行います。それによってアイテムの位置情報や状態を知ることができます。

事故やアイテムが損傷した場合の支払いがスムーズに

―Coverを利用することのメリットを教えてください。

 もちろん、一つは簡単に保険をかけられるという点です。もう一つは保険金の支払いのプロセスをスムーズに行える点です。車が事故にあった場合やアイテムが損傷した場合、必要な書類や事故前の写真はすでにCoverが持っています。ですからそれらを保険会社に送れば、すぐに処理が行われ、保険金を支払ってもらうことが可能です。またユーザーの保険加入後も、他に良い条件の保険が出てきた場合、私たちは自動的に提案するようにしています。

―将来の展望について聞かせてください。

 私たちはテクノロジーをコアとする企業です。私はお客様が私たちのサービスを利用するかどうかに関わらず、テクノロジーを使用して、お客様にとって有用なツールとサービスを構築することを目指しています。

設立 2016年
事業内容 適切な保険をレコメンドしてくれるアプリの提供
資金調達額 1100万USドル(2018年9月現在)
拠点 San Francisco, California
URL https://cover.com/
関連記事
AIで公平にローン審査するモデルを開発、フィンテック企業Zest AIの挑戦
AIで公平にローン審査するモデルを開発、フィンテック企業Zest AIの挑戦
AIで公平にローン審査するモデルを開発、フィンテック企業Zest AIの挑戦の詳細を見る
レガシーシステムを活用してDXを実現。日本上陸のAPI統合プラットフォームOpenLegacy
レガシーシステムを活用してDXを実現。日本上陸のAPI統合プラットフォームOpenLegacy
レガシーシステムを活用してDXを実現。日本上陸のAPI統合プラットフォームOpenLegacyの詳細を見る
【ユニコーン】累計4億6000万ドル調達、日本展開を果たした金融向けコラボレーションツールSymphonyの現在
【ユニコーン】累計4億6000万ドル調達、日本展開を果たした金融向けコラボレーションツールSymphonyの現在
【ユニコーン】累計4億6000万ドル調達、日本展開を果たした金融向けコラボレーションツールSymphonyの現在の詳細を見る
世界各地のリモートワーカーの報酬支払いを自動化するDeel
世界各地のリモートワーカーの報酬支払いを自動化するDeel
世界各地のリモートワーカーの報酬支払いを自動化するDeelの詳細を見る
JCB、グローリーが海外スタートアップと挑む、 新しい現金流通プラットフォーム構築
JCB、グローリーが海外スタートアップと挑む、 新しい現金流通プラットフォーム構築
JCB、グローリーが海外スタートアップと挑む、 新しい現金流通プラットフォーム構築の詳細を見る
海外スタートアップ3社が本音で語る、日本企業との協業
海外スタートアップ3社が本音で語る、日本企業との協業
海外スタートアップ3社が本音で語る、日本企業との協業の詳細を見る