トヨタも使う、自動運転開発ツールが日本上陸。創業3年のユニコーンApplied Intuition

トヨタも使う、自動運転開発ツールが日本上陸。創業3年のユニコーンApplied Intuition
大手自動車メーカーでも開発が進む自動運転技術。しかし開発中の自動運転車は、実際の道路での走行実験が難しく、現実に近いバーチャルシミュレーション空間を作る必要がある。Applied Intuitionは、自動運転システムを、スピーディーかつ正確にシミュレーションし検証するプラットフォームを提供している。カスタマイズや、モジュールの個別および一括テストが可能で、開発から製品化まで自動運転プログラムの管理にも対応する。トヨタをはじめ大手自動車メーカーが導入しており、すでに1億7000万ドル超の資金を調達し、創業3年でユニコーンとなった。今回は創業者でCEOのQasar Younis氏に話を聞いた。

Y CombinatorでCOOも務めたシリアルアントレプレナーが起業

――まずはApplied Intuition設立に至った経緯を教えてもらえますか?

 私は自動車業界でメカニカルエンジニアとしてキャリアをスタートしました。そして、ゼネラルモーターズとボッシュの両方でエンジニアとして働き、日本にも赴任したことがあるんですよ。

 その後、ハーバード大学でMBAを取得し、複数社を起業しました。そのうちの1社がGoogleに買収され、Google Mapsを担当しました。この時に、マッピングに関する知識を学び、自動運転分野のエコシステムに触れました。当社の共同創業者Peter Ludwigと私は一緒に地図を作った、その頃からの仲です。

Qasar Younis
Applied Intuition
Co-Founder & CEO
ケッターリング大学(旧General Motors Institute of Technology)にて機械工学の学位取得後、1999年からGeneral Motorsにてエンジニア、2006年からRobert Boschにてエンジニア及びプロジェクトマネージャーを務めた。ハーバード大学にてMBAを取得し、2007年に最初の会社を起業。その後起業した会社がGoogleに買収され、Google MapsのGroup Product Managerに就任。2013年からY CombinatorのPartner & COOを務めた。2017年にApplied Intuition を共同で設立、CEOに就任。
 Googleでの勤務後、当社を起業するまでの期間に、アクセラレーターのY CombinatorでPartner兼COOを務めていました。Y Combinatorは最近上場したDoorDashやAirbnbにも投資していましたから、Y Combinatorからも億万長者が生まれましたね。そして、自動運転車両を開発しているCruiseや、自動運転シャトルバスのMay Mobilityなど、複数の自動運転分野のスタートアップにも投資しました。

 こうした中、2016年にPeterと私は考えました。自動運転の領域で面白いビジネスはないかと。その結果、自動運転の実証実験、つまり自動運転システムの開発に特化して起業しようと考え、Applied Intuitionを立ち上げたのです。

自動車だけでなく、自動運転システムの開発で使う定番ツールに

――具体的にどういった製品を提供しているのでしょうか?

 当社は、自動運転製品を開発しているエンジニア向けのシミュレーションツールを提供しています。

 自走や自動運転と聞くと、シリコンバレーで自動運転車を開発しているスタートアップをイメージする方が多いかもしれませんが、従来の自動車メーカーも自動運転システムの開発に取り組んでいます。自動車メーカーはレベル4だけでなく、レベル2の自動運転にも取り組んでおり、われられはその開発を幅広く支援しています。

実際に道路を走らなくても、自動運転シミュレーションが可能

 また、ここ数年で事業用トラックや貨物輸送、建設や鉱業、農業、物流倉庫内のロボットなどロボティクスなど様々な分野と、防衛分野にも進出しています。そして、例えば、エンジニアが使う図面作成ツールの定番AutoCADのように、自動運転システムを開発しているエンジニアが使うツールとを提供しているのです。

――特徴は何でしょうか。

 当社の特徴は自動運転の開発のためだけに作られている点です。自動運転を開発するのに必要な多くの機能を備えています。シミュレーションを行う企業、開発ツールを提供する企業は他にもありますが、自動運転に特化し、ここまで多くの機能を実現した企業は他にないと自負しています。

 当社のサービスは大手自動車メーカーに多く導入されています。トヨタ自動車のグループ会社で、同社の自動運転関連ソフトウェアの開発を行うウーブン・プラネット・グループ(Woven Planet Group)にも、自動運転ソフトウェアの検証用シミュレーション環境を提供しています。

創業3年でユニコーンに。東京オフィスも開設

――2020年夏には大型の資金調達をしましたね。

 去年の秋に1億2500万ドルの資金調達を行いました。時価総額は12億5000万ドルとなりました。

――ユニコーン(時価総額10億ドル超)になったんですね。

 そうですね。調達した資金を活用し、プロダクトへの投資とグローバル展開を加速させていきます。本社があるシリコンバレー以外に国内ではデトロイトとロサンゼルスに、グローバルでは東京、ソウル、ミュンヘンにオフィスを持っています。

――日本展開はどんな状況でしょうか。

 日本市場への進出も非常に順調に進んでいます。2019年に東京にオフィスを開設しました。

 日本には自動車メーカーを始め、トラック、建設重機や、倉庫からの輸送などロジスティクス、倉庫用ロボットなどのロボティクスなど、強みを持っている産業分野が多くありますし、自動化が進んでいます。  

倉庫用のロボティクスの自動運転シミュレーション

 今後まずは、自動車産業のエコシステムでメインプレイヤーになりたいと考えています。そして、最終的な目標は自動運転システム開発を行う全ての産業分野で、当社のプラットフォームを提供することです。

カテゴリー Automotive / Silicon Valley / Startup / Applied Intuition
設立 2017年
事業内容 自動運転システムの開発ツールの提供
資金調達額 1億7650万USドル
従業員数 10人以上
拠点 Mountain View, California
URL https://www.appliedintuition.com/
関連記事
イスタンブール発のCY Vision。自動運転車に拡張現実を映し出す技術で日本市場を次のターゲットに
イスタンブール発のCY Vision。自動運転車に拡張現実を映し出す技術で日本市場を次のターゲットに
イスタンブール発のCY Vision。自動運転車に拡張現実を映し出す技術で日本市場を次のターゲットにの詳細を見る
ホンダはシリコンバレーから企業変革を目指す。キーマンが語るホンダ流デザイン思考、スタートアップM&A
ホンダはシリコンバレーから企業変革を目指す。キーマンが語るホンダ流デザイン思考、スタートアップM&A
ホンダはシリコンバレーから企業変革を目指す。キーマンが語るホンダ流デザイン思考、スタートアップM&Aの詳細を見る
ディープラーニングによる高性能認識カメラで自動運転車の未来を担うStradVision
ディープラーニングによる高性能認識カメラで自動運転車の未来を担うStradVision
ディープラーニングによる高性能認識カメラで自動運転車の未来を担うStradVisionの詳細を見る
企業のCSR、事業開発を強力にアシスト。「サステナビリティ・スタートアップ65」を公開
企業のCSR、事業開発を強力にアシスト。「サステナビリティ・スタートアップ65」を公開
企業のCSR、事業開発を強力にアシスト。「サステナビリティ・スタートアップ65」を公開の詳細を見る
【直接取材】オンラインイベントプラットフォーム、自動運転フォークリフトなど、最新資金調達スタートアップ6社
【直接取材】オンラインイベントプラットフォーム、自動運転フォークリフトなど、最新資金調達スタートアップ6社
【直接取材】オンラインイベントプラットフォーム、自動運転フォークリフトなど、最新資金調達スタートアップ6社の詳細を見る
【CEOに直接取材】自動で調理するスマートオーブン、書類処理の自動化など、最新資金調達スタートアップ5社
【CEOに直接取材】自動で調理するスマートオーブン、書類処理の自動化など、最新資金調達スタートアップ5社
【CEOに直接取材】自動で調理するスマートオーブン、書類処理の自動化など、最新資金調達スタートアップ5社の詳細を見る