2015年4月、スタートアップ界に流れたニュースは衝撃的だった。「Slackが評価額28億ドルで、1億6000万ドルを調達」。およそ1年半前にサービスローンチしたSlackは世界中で急速に普及しているビジネスチャットツールで、メールに取って代わる存在になると予想されている。短期間で、これだけ急成長するサービスはシリコンバレーでも数少ない。Slackの急成長の理由や今後の展開について、共同創業者でCTOのHenderson氏にインタビューした。

Cal Henderson
Slack
Co-founder CTO
バーミンガム・シティ大学卒。Yahoo!を経て、2009年にSlackのCTOに就任。

メールをレガシーに追いやる

―Slackはメールに取って代わるコミュニケーションツールだと言われていますね。どんな点が優れているんですか。

 Slackはオンラインのビジネスチャットツール。社内で簡単にメッセージやファイルのやり取りができ、チームの生産性を高めます。メールとの違いをいくつか挙げると、まずリアルタイムかつ簡単にコミュニケーションできる点。ドラッグ&ドロップするだけでファイルをメンバーと共有でき、メンバーはそれにコメントをつけてフィードバックすることもできます。

 多数の外部ツールと連携していて、それらをSlack上で容易に利用できる点もメールにはない特徴です。現在、Google Drive、Dropbox、GitHubなど600以上の外部ツールと連携しており、来年にはBoxやSalesforceなど、100種類以上のビジネスコミュニケーションツールなどと連携する計画です。

―利用者数を教えてください。

 1日に利用するアクティブユーザー数(DAU)は125万人で、有料会員が37万人(2015年9月時点)。利用者数は90日ごとに倍増するペースで伸びています。日本でも使われ始めています。日本での人気ぶりには、われわれも驚かされています。すべて英語表記だし、料金も米ドル対応なのに、日本は最近までアメリカに続いて2番目に売上の大きな国でした。

―課金率も高いですね。

 Slackのユーザーは両極端。非常によく使うか、まったく使わないかのどちらか。ときどきしか使わないといった中途半端な利用はされていません。ですから、業務上で必要不可欠なツールとしてSlackを利用する人が多いため、課金率も高いのだと思います。比較的、低料金なのも課金率が高い理由でしょう。ひとりあたりのユーザーが1日にかかるコストは、わずか0.22ドルですから。

もとはゲーム会社

―どんなマーケティングをしているのですか。

 全部クチコミです。大きな広告を出したことはありません。Slackを気に入ってくれたユーザーたちが、リアルやソーシャルツールで紹介してくれて、広まっているのです。

 なぜ多くのユーザーが気に入ってくれているのか? その背景には、私たちがもともとゲームソフトなど消費者向けサービスをつくっていたことが大きく影響しているように思います。たとえば、なぜみんながFacebookやTwitterを使うのかを分析し、Slackのデザインなどに活かしています。一般的に、BtoB向けのソフトウェアは使いにくいものが多いですね。Slackは、そういうサービスにはしたくなかったんです。

―今年4月、1億6000万ドルの大型資金調達が話題になりました。前回調達した資金にはほとんど手をつけていないと聞いています。にもかかわらず、新たに資金調達した目的を教えてください。

 おっしゃるとおり、前回調達した資金はほとんど手つかずで残っています。それなのに、なぜ新たに資金調達したのかというと、いまは資金調達しやすい時期だからです。将来の資金需要に備えて、有利な環境にあるうちに調達したのです。

 いま、ベンチャーキャピタルは潤沢な資金をもっていて新しい投資先を探しています。でも投資先の企業数はそんなに増えていません。そのため、1社あたりの投資額が上がっており、いわば〝売り手市場〟の状況になっています。ですから、足元の資金需要はなくても、いまのうちに資金を確保する戦略的な判断をしたんです。

早すぎても遅すぎてもダメ

―2014年2月にサービスを開始し、わずか1年半で28億ドルの企業評価額がついています。こうした評価の急上昇について率直な感想を聞かせてください。

 クレイジーですね。絶対にクレイジー(笑)。Slackをつくったときは、こんなに成功するとは思いませんでした。もともと当社はゲーム会社でしたし。そこから、なかば偶然のようにサービスができあがり、こんなに人気を得て成功するなんて。だれも想像していませんでしたよ。しかし、もし2010年にSlackを始めたとしても、いまのように受け入れられなかったでしょうね。新しいサービスが成功するかどうかは、タイミングが大事だと思います。早すぎても、遅すぎてもうまくいかないものです。

 いまは誰もがコンピュータやインターネットを日常的に使い、さまざまなツールを活用して仕事を進めています。これまでのさまざまなインターネットサービスの積み重ねがあるからこそ、Slackは存在できているのです。

―そうした謙虚さも起業を成功させる要因なのでしょうね。最後に、グローバル展開の方針を聞かせてください。

 まずはアメリカに力を注ぎます。そして次にヨーロッパに進出し、順次、ほかのエリアにも展開していきます。各国で独立採算制にして、その国の言語や決済システムが使える体制にしたいですね。いずれ、日本にもオフィスを置くと思います。

 Slackが目指しているのは、仕事をよりシンプルに、より快適に、より生産的に、という価値の提供。そのビジョンを全世界に普及させていきたいですね。



RELATED ARTICLES
米国発、日本人起業家によるNFTメタバースのスタートアップAnifie
米国発、日本人起業家によるNFTメタバースのスタートアップAnifie
米国発、日本人起業家によるNFTメタバースのスタートアップAnifieの詳細を見る
AI構築を自動化と一元管理でシンプルに アノテーションに特化したプラットフォームを提供 Labelbox
AI構築を自動化と一元管理でシンプルに アノテーションに特化したプラットフォームを提供 Labelbox
AI構築を自動化と一元管理でシンプルに アノテーションに特化したプラットフォームを提供 Labelboxの詳細を見る
AI、機械学習をもっと身近に ローコード・ノーコードでできる企業向けDXプラットフォームDataiku
AI、機械学習をもっと身近に ローコード・ノーコードでできる企業向けDXプラットフォームDataiku
AI、機械学習をもっと身近に ローコード・ノーコードでできる企業向けDXプラットフォームDataikuの詳細を見る
コロナ禍で働き方の見直しが加速。海外発の業務効率化ツール、注目の15カテゴリ
コロナ禍で働き方の見直しが加速。海外発の業務効率化ツール、注目の15カテゴリ
コロナ禍で働き方の見直しが加速。海外発の業務効率化ツール、注目の15カテゴリの詳細を見る
2021年にユニコーンになった世界のスタートアップを総まとめ「New Unicorns 2021」レポート
2021年にユニコーンになった世界のスタートアップを総まとめ「New Unicorns 2021」レポート
2021年にユニコーンになった世界のスタートアップを総まとめ「New Unicorns 2021」レポートの詳細を見る
金融商品のマンネリ化を打ち破る、フィンテックのためのBtoBプラットフォームCanopy
金融商品のマンネリ化を打ち破る、フィンテックのためのBtoBプラットフォームCanopy
金融商品のマンネリ化を打ち破る、フィンテックのためのBtoBプラットフォームCanopyの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.