世界最高技術の産業用3Dプリンターを使い、個人の趣味から大企業の製品生産にも対応するShapeways。創業から11年目となる2018年に新CEOを迎え、コア事業基盤の強化と新規サービスのローンチを進める。今回はCEOのGregory Kress氏に話を聞いた。

創った製品は1200万種類を超え、150カ国に100万人以上の顧客

―まず現在の御社のサービスについて教えてください。

 私は、Shapewaysのことを「3Dプリンティング業界のAWS」であり、3Dプリント製品のフルフィルメントサービスを提供している企業だと説明しています。

 デザイン設計、設計の最適化、経費の見積、完全性の改善、材料とプリンティング技術のコンサルティング、そして試作品の製造。さらに、高度な仕上げ、研磨、化学処理、着色などのアッセンブリ(表面処理)、パッケージのカスタマイズ、顧客への配送、eコマースやWebサイトとShapewaysのプラットフォームをインテグレーションした販売管理まで、顧客のビジネスをシームレスに支援するサービスを提供しています。

 これまでに、1200万種類以上のパーツを創り、約150カ国に届けました。現在は、10種類のプリンティングテクノロジーを使い、60種類の素材を提供しています。顧客数は100万人を超えました。

Gregory Kress
Shapeways
CEO
Penn State UniversityにてMechanical Engineeringを学ぶ。GEそしてGE Transportationを経て、2013年にEducation TechのOpen English入社、COOとPresidentを歴任。2018年にShapewaysのCEOに就任。2019年よりNYC Manufacturing and Industrial Innovation CouncilのExecutive Board Memberを務める。

世界中のクリエイターの創造を応援

―既に世界中に顧客がいるようですね。アジアにも顧客がいますか。

 はい、もちろん。日本、中国、インド、東南アジアの顧客と相当数の取引があります。しかし、アジアには生産施設はまだありません。当社の生産施設は、ニューヨークのロング・アイランド・シティと、オランダのアムステルダム郊外の2カ所のみです。

―オランダのアムステルダムにも生産施設があるんですね。

 そうです。当社のインキュベーターはフィリップス社で、オランダで創業した後、ニューヨークに生産施設を設け、本社もニューヨークに移動しました。優秀なテクニカルエンジニアや、ソフトウェアエンジニアがいる地域に拠点を設けています。

スタートアップ経営の実績を買われ、ShapewaysのCEOに

―2018年にCEOに就任したそうですが、その経緯を教えてもらえますか。

 最初に就職した企業がGEで、約10年間GEの様々な事業に関わり、エンジニアリング、生産、販売を担当してきました。そして、Shapewaysの前にOpen Englishという教育系スタートアップで、COOとPresidentを務めました。Open Englishは、生徒数50万人、社員数2千人の企業に成長しました。Open Englishを離れる時に同社のVCが、ShapewaysのVCに私を紹介してくれ、CEOに就任しました。両社のVCがコミュニティで繋がっていたのが縁です。

 ShapewaysのVCには、Union Square VenturesのAlbert Wenger氏やLux CapitalのJosh Wolfe氏など、著名なベンチャーキャピタリストが名を連ねており、ボードメンバーとしてShapewaysの意思決定に関わっています。

―最後に長期的なビジョンを教えてください。

 最先端技術を使い、個人から大企業まで、全てのクリエイターを対象に、彼らの素晴らしいパーツの創造に寄与したい。そう考えています。ぜひ日本の皆さんにもShapewaysを使っていただきたいですね。



RELATED ARTICLES
先端マテリアルの最新情報を掴む「Advanced Material Trend Report」発刊
先端マテリアルの最新情報を掴む「Advanced Material Trend Report」発刊
先端マテリアルの最新情報を掴む「Advanced Material Trend Report」発刊の詳細を見る
製造業の先進技術トレンドをまとめた「スマートファクトリートレンドレポート」をリリース
製造業の先進技術トレンドをまとめた「スマートファクトリートレンドレポート」をリリース
製造業の先進技術トレンドをまとめた「スマートファクトリートレンドレポート」をリリースの詳細を見る
量子ドット技術で液晶パネル業界に革新をもたらすナノテク企業Nanosys
量子ドット技術で液晶パネル業界に革新をもたらすナノテク企業Nanosys
量子ドット技術で液晶パネル業界に革新をもたらすナノテク企業Nanosysの詳細を見る
日本企業とも連携。超高強度・軽量の炭素繊維製品をオンデマンドで実現するAREVO
日本企業とも連携。超高強度・軽量の炭素繊維製品をオンデマンドで実現するAREVO
日本企業とも連携。超高強度・軽量の炭素繊維製品をオンデマンドで実現するAREVOの詳細を見る
なぜ深圳はイノベーションを生み出せるのか?中国現地インキュベーターが語る、5つの理由
なぜ深圳はイノベーションを生み出せるのか?中国現地インキュベーターが語る、5つの理由
なぜ深圳はイノベーションを生み出せるのか?中国現地インキュベーターが語る、5つの理由の詳細を見る
ロボットが自動でピッキング。物流を省人化・自動化するRightHand Robotics
ロボットが自動でピッキング。物流を省人化・自動化するRightHand Robotics
ロボットが自動でピッキング。物流を省人化・自動化するRightHand Roboticsの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2021 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.