Reshuffleは、既存のアプリケーションを組み合わせることで、より簡単で手早くオリジナルなアプリケーションを開発できるプラットフォームを提供している。今回はCo-founder & CEOのAvner Braverman氏に話を聞いた。

バックエンドの知識は不要

―まずはReshuffleを開発した経緯を教えてもらえますか?

 設立当初は、システム基盤サービスを提供しており、Binarisという社名でした。サーバーレスが台頭し始めた時期で、より高速でパフォーマンスの高いサーバーレスプラットフォームを提供していました。AWSと競合するようなサービスです。

 コンテナの代替として使用できるサーバーレスプラットフォームを構築し、2018年中旬にローンチしたのですが、既にクラウド環境を構築しているクラウドネイティブなディベロッパーからは「コンテナで満足している」と言われ、一方で大企業からは、「すごくいいと思う。しかし、戦略的だ」と言われ、フィットしませんでした。この経験を通じて私たちが気づいたことは、大企業ではシステム基盤より、アプリケーション開発のニーズが高い、ということでした。

 大企業は、より多くのソフトウェアを、より素早く開発し更新し続ける必要があり、これが大きな課題になっていました。そして、アプリケーションは安全で持続可能である必要があり、コンプライアンスも重要で、改正され続ける様々な規制を常に遵守しなければなりません。このニーズに対応できるディベロッパーが限られていることも問題でした。

 そこで私たちはこのニーズに応えるために、バックエンドの知識不要で、アプリケーションをフルスタックで開発できるプラットフォームReshuffleを構築し、プライベートデータ版を2019年10月にリリースしました。社名もBinarisからReshuffleに変わっています。

Avner Braverman
Reshuffle
Co-founder & CEO
高校1年生の時に最初のオペレーティングシステムを構築。1997年The Hebrew University of Jerusalemにてコンピューターサイエンスの修士号を取得。1992年から2001年までイスラエル国防軍にてOfficerを務めた。分散ストレージおよび分散コンピューティング分野で、複数のスタートアップの設立に関わった後、2016年にBinaris(現:Reshuffle)を共同で設立。

―Reshuffleについて詳しく教えてください。

 Reshuffleにおけるアプリケーション開発はスタート時点から従来のやり方と全く違います。まずReshuffleのサイトを開きます。アプリケーションのテンプレートが並んでいますので、利用したいアプリケーションを開きます。開く際にダウンロードも、コンパイルもユーザー環境での設定も不要で動きます。Reshuffleのアプリケーションは、Reactを使いソースコードを書き変えカスタマイズすることが可能で、バックエンドは自動的に処理されますので、ディベロッパーはフロントエンドの知識だけでクラウドを管理する必要はありません。最終的に自分が「これだ!」というアプリに仕上がったら、ダウンロードします。

まずは草の根レベルで反響を呼びたい

―御社のミッションは何でしょうか?

 当社のミッションは、ディベロッパーをよりクリエイティブにすることで、生産性を高めることです。

 Reshuffleは、GitHubのようにソースコードをオープンにするだけではなく、YouTubeに動画を投稿できるように、ディベロッパー同士が自分のアプリケーションを公開し共有できるコミュニティを作っています。これはコンポーネントのエコシステムにおける新しい形です。

 例えば、既存のアプリケーションに地図機能を加えたい時、地図をゼロから作るのではなくGoogle Mapを活用しますよね。それと同じように、Reshuffleや他のユーザーが提供しているアプリケーションを組み合わせてオリジナルのアプリケーションを作ることができます。コードを書く時間も、デモを確かめるために必要だった手間も不要なため、ディベロッパーは時間と労力をよりクリエイティブなことに使えるようになります。

―日本や海外での展開は検討していますか?

 JavaScriptはどの国でもJavaScriptなように、テクノロジーはインターナショナルです。サーバーレスの動きも日本にとってはとても魅力的だと思います。ですから、私たちのメッセージは日本のディベロッパーにも響くでしょう。しかし、アプリケーションの使い方に関しては、それぞれの国の文化や考え方によって違います。日本の組織における制約や需要なども違うので、日本での展開は挑戦になると思います。

 Reshuffleは、ベータ版を公開したばかりでスタートを切ったばかりです。まずは草の根レベルで、日本のディベロッパーコミュニティでReshuffleに対する反響があれば、ぜひコミュニティに接触したいと考えています。



RELATED ARTICLES
オープンソース利用したソフト開発の脆弱性にメス 強みは「ノイズの大幅な削減」 Endor Labs 
オープンソース利用したソフト開発の脆弱性にメス 強みは「ノイズの大幅な削減」 Endor Labs 
オープンソース利用したソフト開発の脆弱性にメス 強みは「ノイズの大幅な削減」 Endor Labs の詳細を見る
データ加工やアルゴリズム開発で、生成AIの回答精度を大幅に向上 カサナレ
データ加工やアルゴリズム開発で、生成AIの回答精度を大幅に向上 カサナレ
データ加工やアルゴリズム開発で、生成AIの回答精度を大幅に向上 カサナレの詳細を見る
AIの動作をAIでモニタリング、エンジニア視点のソリューション Arize AI
AIの動作をAIでモニタリング、エンジニア視点のソリューション Arize AI
AIの動作をAIでモニタリング、エンジニア視点のソリューション Arize AIの詳細を見る
AIで材料開発を「時短」、週単位の事例も│TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
AIで材料開発を「時短」、週単位の事例も│TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
AIで材料開発を「時短」、週単位の事例も│TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選の詳細を見る
人型ロボット、AI技術の進歩が開発に追い風 │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
人型ロボット、AI技術の進歩が開発に追い風 │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
人型ロボット、AI技術の進歩が開発に追い風 │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選の詳細を見る
リテールメディアが急成長している理由とは │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
リテールメディアが急成長している理由とは │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選
リテールメディアが急成長している理由とは │ TECHBLITZが選ぶスタートアップ5選の詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
「グローバルオープンイノベーションインサイト」
もプレゼント



Copyright © 2024 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.