「TECHBLITZ」編集部では今回、「不動産」関連で幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報や国内外の大手企業協業事例に焦点を当てた「PropTech Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「不動産」関連のテックトレンド(不動産売買、住宅ローン&購入支援、スマートホーム、スペースシェアリングetc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「PropTech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • 米国不動産業界のディスラプター
  • 大手企業の協業事例(海外)
  • 大手企業の協業事例(日本)

米国不動産業界のGAFAとも言われるZORC(Zillow, Opendoor, Redfin, Compass)

 業務の煩雑さやマニュアルプロセスの多さから、不動産業界は他の業界に比べてデジタル化が進みづらいとされてきました。しかし、ここ数年の間にデータやアナリティクスが不動産業界の成長の原動力になり得ることが明らかになってきたことや、社会のあり方の変容により「PropTech」の導入が加速しています。

 不動産テックあるいはReal Estate Techとも呼ばれるPropTechとは、これまでの業務を単にデジタル化するものではなく、「不動産×テクノロジーの略であり、テクノロジーの力によって、不動産に関わる業界課題や従来の商習慣を変えようとする価値や仕組みのこと」(不動産テック協会)です。

 PitchBookのレポート*(2021年6月)によると、2020年、ベンチャーキャピタルからPropTechへの投資額を前年と比較したところ、商業用セクター向けの投資はグローバルで80%近く減少しましたが、住居用セクター向けへの投資は10%未満しか減少しませんでした。2021年夏現在、国によってはパンデミック関連の規制が緩和され、経済活動の正常化やコロナ禍で控えられてきた投資や支出への反動が進み、PropTechへの関心は住居用・商業用の両セクターで高まっています。

  PropTechは資金調達、保険、契約の管理など特に多額の投資が集まる分野で金融テクノロジーを活用するFinTechと重複します。また、住まいや暮らし方ではSmartTechやシェアリングエコノミー、都市開発や建築現場のDXという意味ではConTechの一部も内含します。

 本レポートではPropTechならびに特に関わりの深いFinTech、Smart Real Estate、Sharing Economy分野のスタートアップをカテゴリーに分けて紹介します。また、海外の大手企業とPropTechの協業事例と、各社が地場に特化しがちな不動産という性質上、少なくはありますが、日本の大手企業との協業事例も取り上げます。特集では米国不動産業界のGAFAとも言われるZORC(Zillow, Opendoor, Redfin, Compass)について紹介します。

* https://pitchbook.com/news/articles/real-estate-tech-is-bouncing-back-from-its-pandemic-slump

不動産の価値を高めるため住居のスマート化に対するニーズの増加も

 「PropTech Trend Report」は画像の内容で構成でおります。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

 「カテゴリー概要」では、「不動産」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、「TECHBLITZ」編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • 不動産売買マーケットプレイス
  • インスタントバイヤー(iBuyer)
  • 不動産管理
  • 住宅ローン&購入支援
  • 不動産投資
  • 不動産保険
  • バーチャル内覧
  • スマートホーム
  • サステナビリティ
  • スペースシェアリング(2C)
  • スペースシェアリング(2B)

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「PropTech Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。
 

※今回TECHBLITZ上で配布する「PropTech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
創業当初は否定された「VRと不動産」「もしも」を提案してあげると、人はもっと幸せになれる ナーブ
創業当初は否定された「VRと不動産」「もしも」を提案してあげると、人はもっと幸せになれる ナーブ
創業当初は否定された「VRと不動産」「もしも」を提案してあげると、人はもっと幸せになれる ナーブの詳細を見る
入居契約から家賃の集金、メンテナンスまで 家主と入居者が「笑顔」になる賃貸住宅管理のプラットフォーム Belong
入居契約から家賃の集金、メンテナンスまで 家主と入居者が「笑顔」になる賃貸住宅管理のプラットフォーム Belong
入居契約から家賃の集金、メンテナンスまで 家主と入居者が「笑顔」になる賃貸住宅管理のプラットフォーム Belongの詳細を見る
ティーケーピーがコロナ禍で取った「冬眠作戦」とV字回復 空間活用ビジネスで多角化
ティーケーピーがコロナ禍で取った「冬眠作戦」とV字回復 空間活用ビジネスで多角化
ティーケーピーがコロナ禍で取った「冬眠作戦」とV字回復 空間活用ビジネスで多角化の詳細を見る
インドネシアの住宅購入体験をデジタルで刷新 若い世代の需要に応えるPinhome
インドネシアの住宅購入体験をデジタルで刷新 若い世代の需要に応えるPinhome
インドネシアの住宅購入体験をデジタルで刷新 若い世代の需要に応えるPinhomeの詳細を見る
建設現場のコミュニケーションとワークフローをDX プロジェクト管理アプリPlanRadar
建設現場のコミュニケーションとワークフローをDX プロジェクト管理アプリPlanRadar
建設現場のコミュニケーションとワークフローをDX プロジェクト管理アプリPlanRadarの詳細を見る
不動産×テクノロジーの導入が加速。不動産テック、注目の11カテゴリ
不動産×テクノロジーの導入が加速。不動産テック、注目の11カテゴリ
不動産×テクノロジーの導入が加速。不動産テック、注目の11カテゴリの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


新規事業の
調査業務を効率化
成長産業に特化した調査プラットフォーム
BLITZ Portal
社員の声でイノベーションを効率化する
アイデア管理プラットフォーム
q-ideate

Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.