世界中への配送をスムーズにするPassport

世界中への配送をスムーズにするPassport

Logistic / Silicon Valley / Startup / Passport
2020/02/07
Eコマースで買い物がますますスムーズになる中、国際配送はいまだに手がけていないという企業も多い。このような状況を改善し、世界中に物を届けやすくするためのネットワークを構築したのがPassportだ。CEOのAlex Yancher氏に話を聞いた。

アメリカの商品をロシアへ届けたい

―どのような経緯でPassportを創業したのでしょうか。

 私はロシア生まれで、米国から物を買いたいのに買えないという親戚や友人をたくさん知っていました。

 そこでFacebookに務めていたときにエジプト出身の友人と組んで、米国の商品を世界各国に送るLynksという会社を作りました。このときに国際輸送や世界中の顧客に解決策をもたらす様々なサービスプロバイダーの世界に魅せられました。

 そこで、2017年にEコマースのブランドが世界中から発注を受けて商品を配送できる手助けをするPassportを作りました。DHL、FedEx、UPSなどの会社が競合にあたります。

Alex Yancher
Passport
Co-Founder & CEO
2007年UCバークレー卒、モルガンスタンレー、Facebookなどを経て、友人とLynkssを起業しCOOに。2017年Passportを創業しCEOに就任。

インフラを自社で保有しない

―既存の配達業者とどのような点が異なりますか?

 小包を届ける責任があるという点では同じですが、私たちが手がけるものは全てソフトウェア関係で、これを配達パートナーたちとのバーチャルなネットワークにより実現しています。

 私たち自身はトラックや飛行機を保有していません。様々な配達サービスと契約しており、荷物を受け取りにいく、ラストマイルを届けに行くなどに最適な業者とつなぐことをして、カスタマーサービスも実施しています。

―日本市場にはすでに進出済みですか。

 もちろん日本市場への配達はすでにしています。きわめてスムーズに実施できています。

 私たちがこれから手がけたいのは、日本の起業家が世界中に物を販売・配達できるようになることへのお手伝いです。一部には日本のお菓子を定期的に届けるサービスを始めていますが、こうした取引を広げるために市場をよく理解しており、大阪や東京に拠点がある企業とぜひコラボレーションしていきたいですね。

設立 2017年
事業内容 Eコマース向けの国際配送サービスを提供
資金調達額 550万USドル
拠点 San Francisco, California
URL https://www.passportshipping.com/
関連記事
GAFAやユニコーンが実践、デジタル時代の新成長戦略「ブリッツスケーリング」
GAFAやユニコーンが実践、デジタル時代の新成長戦略「ブリッツスケーリング」
GAFAやユニコーンが実践、デジタル時代の新成長戦略「ブリッツスケーリング」の詳細を見る
【Venrock】50年の歴史を持つVCは、コロナ危機をこう見る
【Venrock】50年の歴史を持つVCは、コロナ危機をこう見る
【Venrock】50年の歴史を持つVCは、コロナ危機をこう見るの詳細を見る
2020年4〜6月資金調達スタートアップ69社【無料レポート】
2020年4〜6月資金調達スタートアップ69社【無料レポート】
2020年4〜6月資金調達スタートアップ69社【無料レポート】の詳細を見る
【Venrock】シリコンバレーの名門VCが語る、SaaSスタートアップ投資の原則
【Venrock】シリコンバレーの名門VCが語る、SaaSスタートアップ投資の原則
【Venrock】シリコンバレーの名門VCが語る、SaaSスタートアップ投資の原則の詳細を見る
【Lightspeed】米国屈指のVCが語る、危機下における5つのインサイト
【Lightspeed】米国屈指のVCが語る、危機下における5つのインサイト
【Lightspeed】米国屈指のVCが語る、危機下における5つのインサイトの詳細を見る
【500 Startups】コロナ禍、スタートアップ投資はこう変わる
【500 Startups】コロナ禍、スタートアップ投資はこう変わる
【500 Startups】コロナ禍、スタートアップ投資はこう変わるの詳細を見る