IoT化が進む医療機関を守る。医療サイバーセキュリティのMedigate

IoT化が進む医療機関を守る。医療サイバーセキュリティのMedigate
Medigateは、医療サイバーセキュリティに特化したイスラエル発スタートアップだ。医療機関でネットワークに接続されている機器をサイバー攻撃から守り、同時にインベントリー管理および運用効率の改善を可能にする。今回は創業者でCEOのJonathan Langer氏に話を聞いた。

医療機器もサイバー攻撃の対象に

――まずはMedigate設立の経緯を教えてもらえますか?

 Medigateは2017年に、私と2人の共同創設者で設立した会社です。私たち3人は、イスラエル軍で情報部隊に所属していた時からの友人です。情報部隊では、サイバーセキュリティに関連したプロジェクトに携わっていました。

Jonathan Langer
Medigate
Co-Founder & CEO
2004年から2016年までイスラエル軍に所属。2014年にInterdisciplinary Center Herzliyaにて法学・経済学の学士を取得。2016年からイスラエルの民間サイバーセキュリティ企業にてVP Technologyを務めた後、2017年にMedigateを設立し、CEOに就任。
 兵役期間を終え、民間に戻った時に、医療分野のサイバーセキュリティが手薄なことに気づきました。人々の健康に関わる医療は非常に重要な領域ですが、医療機器はサイバー攻撃に対して無防備でした。このことに気づいてすぐに、イスラエルの病院で打ち合わせを行い、IoT化された医療機器のセキュリティソリューションを提供する会社を作ったのです。

Medigateの3人の創業者。中央がCEOのJonathan Langer氏。

――イスラエルで創業した後に、米国に拠点を移したのですか?

 そうです。50人いる技術職はイスラエルにおり、米国には営業、マーケティングやフィールドエンジニアなどの担当者が30人ほどいます。ヨーロッパと、日本でも事業を展開しています。

遠隔診療の普及にも対応。病院が医療に集中できる環境をつくる

――病院もサイバー攻撃を受けているのでしょうか?

 2017年に攻撃が開始されたWannaCry(ワナクライ)というサイバー攻撃をご存知でしょうか。これは、Windowsの脆弱性を狙った攻撃で、2017年5月から非常に広範囲に感染が拡がったのです。

 医療機関でも、脆弱性がある医療機器や古いOSを使っていたことから、非常に大きな被害を受けました。このWannaCryを機に、医療機関の危機意識が変わったと思います。

――御社のサービスの特徴を教えていただけますか?

 医療機関では、輸液ポンプ、MRI、血糖測定器、除細動器、患者のモニターや胎児モニターなど、様々な機器が使われていますが、現場で働いている人々は、どの機器がネットワークにつながっているのか把握していません。

 また、これらの機器は独自のプロトコルを持っており、それぞれ違うプログラミング言語を使用しているため、通常のセキュリティ製品では対応できませんでした。

様々な医療機器のセキュリティ状況を一元管理できる。

 当社のソリューションは、ネットワーク上にある全ての医療機器を把握し、インベントリー管理を可能にします。その上で、リスク評価を行い、必要なところに、必要なセキュリティ機能を構築できるようにします。

 また、同時に運用効率の改善にも貢献しています。それぞれの機器の使用頻度を把握できるため、買い換え予測など設備の最適化も可能にしています。

――どんなビジネスモデルをとっていますか。

 サブスクリプションモデルをとっています。接続された医療機器の数に基づいて費用をいただいています。

――医療現場では、サイバーセキュリティ意識も高まっているのでしょうか?

 そうですね。多くの人が問題意識を持っています。医師、看護師や介護者などは、常時稼働する在庫の自動管理などに対する、プロアクティブな監視や、ゼロトラストアプローチを必要としています。

 しかし、彼らはセキュリティよりも医療の提供に集中すべきですし、病院がセキュリティのために人員を増やすことは難しいです。当社は、サイバーセキュリティに加え、ワークフローを自動化し、直感的に操作できる使いやすいプラットフォームをSaaSで提供することで、問題をトータル的に解決しています。

 また、最近では遠隔診療が急速に普及していますので、遠隔診療で使用するスマートフォンなどの機器も、既存の医療機器とつながるようになりました。こうした変化にも対応していきます。

日本の医療機器や医療市場にも対応

――日本でも、SOMPO CYBER SECURITYなどのパートナーがいるようですね。

 日本は高齢化が進んでいるため、非常に大きな医療市場があり、参入を進めていきたいと考えています。日本で事業を展開する時は、言語や文化の違いや日本市場が持つ様々なニーズがあるため、日本のリセラーを持つことが非常に有益です。SOMPOは、非常に良いチャネルパートナーです。

 日本に限らず、当社にはチャネルパートナーと戦略的テクノロジーパートナーの2種類のパートナーがいます。

――日本でも既に一部の医療機関で導入されていると聞きました。日本市場向けにカスタマイズ等は必要でしたか?

 日本の医療機関では、東芝や富士通など国内メーカーの医療機器が多く使われています。これらは、米国の医療機器とはプロトコルが異なりますので、当社のソリューションも日本市場用にカスタマイズを進めています。

カテゴリー Security / Medical / New York / Startup / Medigate
設立 2017年
事業内容 医療機器のサイバーセキュリティソリューションの提供
資金調達額 5040万USドル(2020年12月現在)
従業員数 50人以上
拠点 Brooklyn, New York
URL https://www.medigate.io/
関連記事
イスラエル発、オンライン取引の不正検知サービスのForter。240億円超を資金調達し、日本展開へ
イスラエル発、オンライン取引の不正検知サービスのForter。240億円超を資金調達し、日本展開へ
イスラエル発、オンライン取引の不正検知サービスのForter。240億円超を資金調達し、日本展開への詳細を見る
不正侵入ドローンの脅威から空域を守るDedrone。欧米の政府施設や刑務所で利用増加
不正侵入ドローンの脅威から空域を守るDedrone。欧米の政府施設や刑務所で利用増加
不正侵入ドローンの脅威から空域を守るDedrone。欧米の政府施設や刑務所で利用増加の詳細を見る
ハーバード卒の日本人が共同創業。セコイアキャピタルも認めたAIセキュリティプラットフォームの先見性
ハーバード卒の日本人が共同創業。セコイアキャピタルも認めたAIセキュリティプラットフォームの先見性
ハーバード卒の日本人が共同創業。セコイアキャピタルも認めたAIセキュリティプラットフォームの先見性の詳細を見る
細胞・遺伝子治療など個別化治療の管理プラットフォームVineti
細胞・遺伝子治療など個別化治療の管理プラットフォームVineti
細胞・遺伝子治療など個別化治療の管理プラットフォームVinetiの詳細を見る
ユタ州「シリコンスロープ」生まれ。ベンダーのセキュリティ評価プロセスを効率化するWhistic
ユタ州「シリコンスロープ」生まれ。ベンダーのセキュリティ評価プロセスを効率化するWhistic
ユタ州「シリコンスロープ」生まれ。ベンダーのセキュリティ評価プロセスを効率化するWhisticの詳細を見る
【イスラエル企業×アビーム対談】日本市場攻略に向けたパートナーシップ戦略の舞台裏
【イスラエル企業×アビーム対談】日本市場攻略に向けたパートナーシップ戦略の舞台裏
【イスラエル企業×アビーム対談】日本市場攻略に向けたパートナーシップ戦略の舞台裏の詳細を見る