瞑想(Meditation)をより身近で親しみやすく、簡単に。「Journey LIVE Group Meditation(以下Journey LIVE)」は、グループで行う瞑想セッションをライブストリーミングするアプリだ。指導者と参加者はチャットで会話ができ、リアルタイムに参加できなかったセッションは、動画コンテンツとしていつでも観ることもできる。今回はFounder & CEOのStephen Sokoler氏に話を聞いた。

「瞑想」で人生が変わった

―まずJourney LIVEを始めようと思った経緯を教えてください。

 はい。大学卒業後、最初に入社した会社で私が立ち上げた部門を、マネジメント・バイアウト(事業部門を買収し独立)しました。その後、その会社は業界上位企業として、ロンドン、シドニー、香港とモントリオールに事務所を開設する規模に成長しました。

 その流れで、それまでニューヨーク以外に住んだことがなかった私がシドニーに赴任することになりました。物理的にも精神的にもニューヨークと違うシドニーでの暮らしの中で、仏教の本に出会い感銘を受けました。この本がきっかけで瞑想を始めたことで、私の人生が変わったのです。

Image: Journey LIVE Group Meditation

 瞑想は人々の生活に変化をもたらします。瞑想が脳や身体にどのように影響するか、瞑想を科学的な見地と結びつけることで、効果の信頼性を高め、より多くの人に紹介できると考えるようになりました。

 そこで、瞑想の専門家と科学者の協力を得て、シンプルでエレガントな素晴らしいプログラムを完成させ、Journey Meditationを創業しました。最初の4年間は、米国内で企業向けにリアルに瞑想セッションを行う事業に取り組んできました。インターネットを介した瞑想セッション「Journey LIVE」は当社の新しい取り組みで、2019年5月にiOSアプリを正式リリースしたばかりです。

Nike、Disney、Facebook、Googleなどで導入

―企業向けのサービスはどのような企業が利用していますか。

 Journey Meditation設立前の12年間は米国内のビジネス界にいましたし、ニーズがあることがわかっていたので、まずはニューヨークで事業を始めました。現在は米国内20都市で展開しています。

 最初の顧客はニューヨークを拠点にするアイウェアブランドのWarby Parkerでした。二番目はTime Warnerで、他にはNike、Disney、Facebook、Google、ニューヨークのハーレム地区にある高校を運営しているHarlem Children Zoneやニューヨーク市内の病院など、様々な企業や団体が当社の顧客となっています。

何千年もの間、人々は集い共同で瞑想してきた

―注目されている瞑想アプリが既に存在するなか、「Journey LIVE」を始めた理由は何でしたか。

 既存の瞑想アプリには、「Calm」や「Headspace」などがあります。それぞれが素晴らしいアプリだと思いますが、これらのアプリでは5年や10年前に録音された音源が使われています。そして、ユーザは単独で瞑想するスタイルです。

 瞑想は過去何千年もの間、指導者のもと、地域社会の中で人と人が集い、グループで行われてきました。当社のセッションは、瞑想を深く学んだ優秀な指導者たちが行います。優れた指導者の元、セッションを共にするメンバー間の共鳴と交流があること。参加する人が「大切にされている」と感じることができるセッションを提供すること。リアルで大切にしていることをデジタルでも同じように行うことを目指し、約1年半前から「デジタル化」の検討を始めました。

 ダイエットや運動に関する研究では、一人で取り組むより他の人と一緒に取り組むほうが粘り強く長続きできるという結果が出ています。人は集うことでとても強いパワーを生み出します。

Image: Journey LIVE Group Meditation

 「Journey LIVE」は、指導者による瞑想セッションをライブストリーミング配信し、そしてセッションをグループで行っている唯一の瞑想アプリです。

 アプリのベータ版を昨年11月に限定的にリリースし、友人や家族、そして関係者から感想や意見をもらいました。それらを基に慎重に改善を重ね、満足ゆく状態になってから正式にリリースしています。

―海外戦略、特に日本への進出について聞かせてください。

 「Journey LIVE」にはアジアやヨーロッパなど海外からのアクセスも多いんです。当社の既存顧客の多くはグローバル展開している企業ですし、海外メディアを含め露出する機会を得ています。リリース後は、クチコミで「Journey LIVE」の認知が進んでいると感じています。

 企業向けサービスとしては、次は中東に進出する計画を検討しているところですが、日本は世界の中でも美しく、素晴らしい国だと思っていますし、個人的にとても好きな国です。もし、日本の企業からご要望があれば当然応えていきます。ちなみに当社は、シードラウンドで日本企業アカツキのファンド「AET Fund」からの資金調達も受けています。

 「Journey LIVE」は企業向けにも対応していますが、基本的には消費者向けのアプリです。アプリをダウンロードしていただければ、日本の皆さんも今日からセッションにご参加いただけますよ。

Stephen Sokoler
Journey Meditation
Founder & CEO
2001年、ニューヨーク大学にて財政学と国際ビジネスを学び学士号を取得。卒業後に入社したThe Award GroupでDirectorとしてFinancial Deal Toy Divisionを立上げ、400万ドルの収益を生むビジネスユニットに育てる。2007年、同部門をマネジメント・バイ・アウトし独立。2009年にfinancial deal toy companyであるAltrum Honorsを共同で設立しCEOに就任。Altrum Honorsを、世界市場シェア33%、年間売上2,000万ドルの業界内上位企業に育て、2014年にビジネスパートナーに売却。2015年にJourney Meditationを設立、CEOに就任。



RELATED ARTICLES
Tiger Global、Y Combinatorも出資 アジア全域にメンタルヘルスケアの包括的なプラットフォームを Intellect
Tiger Global、Y Combinatorも出資 アジア全域にメンタルヘルスケアの包括的なプラットフォームを Intellect
Tiger Global、Y Combinatorも出資 アジア全域にメンタルヘルスケアの包括的なプラットフォームを Intellectの詳細を見る
マッチングで食品ロスを削減するフードシェアアプリ 「食と人」を切り口に社会課題に挑むコークッキング
マッチングで食品ロスを削減するフードシェアアプリ 「食と人」を切り口に社会課題に挑むコークッキング
マッチングで食品ロスを削減するフードシェアアプリ 「食と人」を切り口に社会課題に挑むコークッキングの詳細を見る
【まとめ】「世界食料デー」に考える テクノロジーを活かした持続可能な未来へ
【まとめ】「世界食料デー」に考える テクノロジーを活かした持続可能な未来へ
【まとめ】「世界食料デー」に考える テクノロジーを活かした持続可能な未来への詳細を見る
「デザインは投資」 事業構想からUI/UX、開発、ブランディングもワンストップで支援 グッドパッチ
「デザインは投資」 事業構想からUI/UX、開発、ブランディングもワンストップで支援 グッドパッチ
「デザインは投資」 事業構想からUI/UX、開発、ブランディングもワンストップで支援 グッドパッチの詳細を見る
有名アパレルも多数導入 小売・外食の最前線で働く従業員向けオールインワンプラットフォーム YOOBIC
有名アパレルも多数導入 小売・外食の最前線で働く従業員向けオールインワンプラットフォーム YOOBIC
有名アパレルも多数導入 小売・外食の最前線で働く従業員向けオールインワンプラットフォーム YOOBICの詳細を見る
世界20カ国・地域の33都市に拠点  目指すは世界トップテンのDXコンサル モンスターラボホールディングス
世界20カ国・地域の33都市に拠点 目指すは世界トップテンのDXコンサル モンスターラボホールディングス
世界20カ国・地域の33都市に拠点 目指すは世界トップテンのDXコンサル モンスターラボホールディングスの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


新規事業の
調査業務を効率化
成長産業に特化した調査プラットフォーム
BLITZ Portal
社員の声でイノベーションを効率化する
アイデア管理プラットフォーム
q-ideate

Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.