Intrinstic IDは強固な信頼性のあるセキュリティを保障する電子認証プロバイダー。2000年代前半からIoTが巨大市場になることを予測していたという、創業メンバーのBen Jones氏に話を聞いた。

信頼性がIoTの鍵

―創業ではどのようなことにインスピレーションされたのでしょうか。

 私はPhillipsの研究所でPUF(物理複製困難関数)技術の研究に携わっていた2000年代、IoT(モノのインターネット)の時代が来ると予測していました。今で言うIoTは当時、パーベイシブ・コンピューティングまたはAmbient Intelligence(環境知能)と呼ばれていました。ここには巨大市場になるポテンシャルがあると考え、創業に至りました。

―IoT時代において、なかでも何を解決したい課題と考えていますか。

 私たちが解決したい課題とはIoTにおけるセキュリティの問題である「認証」です。認証とはデバイスが通信する他方のデバイスを認識し、他方のデバイスが信頼できるどうかを判断することです。ここで、信頼できる情報を得たことを認識したら、それは信頼できるデバイスからの通信であり、偽証または攻撃ではないことや情報が改ざんされていないことを示します。

 また、機器の状態を監視して不具合の兆候が出たらメンテナンスを行う予知保全があります。これは情報が正確であれば有用なものになりますが、情報が正確でなければ大きな無駄な出費になります。

 信頼性はIoTでの成功で鍵となる要素です。当社はそれを解決しようとしています。

Pim Tuyls
Intrinsic ID
CEO
PhilipsにてPrinciple Scientistとして約9年間勤める。その後、University of Leuvenにて教師として働き、2008年にIntrinsic IDのCTOに就任。2010年よりCEOを務める。

チップの「指紋」を暗号キーに

―「信頼性が鍵」ということですね。そこでどのようなソリューションを提供しているのでしょうか。

 当社のソリューションはPUF(物理複製困難関数)技術に基づいています。半導体チップは全て同じように製造されているようですが、実は個々のチップには物理的に違いがあります。この物理的な違いによって、全てのセルには一つ一つ固有の価値が生じるのです。当社はこの違いを人間の「指紋」のように考えています。これを当社の技術に取り入れました。つまり、複製困難なチップの「指紋」を利用してキーを作り、そのキーによる暗号セキュリティシステムを築くことで、強固な安全を作り出しているのです。当社の保全システムにより、クラウドとOSのアクセスを安全にしたり、メーカーが機器の状態をチェックすることもできます。  

―どのようなビジネスモデルですか。

 ライセンスロイヤリティモデルです。当社のサービスにアクセスするためのライセンスを与えるごとに、ロイヤリティを請求します。アクセス数に応じて料金が変わります。 

全てのものを認証

―国際的にも展開していますか。

 現在、米国、欧州、中国、台湾で展開しています。

―日本で事業拡大する場合、何が必要だと考えていますか。

 現在、日本での活動はごく小規模ですが、日本について知り、マーケティングをすることが必要です。半導体産業、IoTデバイスを製造するOEMとの協業を模索しています。

―今後のビジョンを教えてください。

 長期的には全てのものを認証するようになることです。短期的には顧客に私たちのプロダクトを導入してもらい、顧客が簡単に信頼性のあるデバイスを構築できるようにすることです。



RELATED ARTICLES
情報セキュリティリスクを数値化し、ハッキングや情報漏洩に立ち向かうSecurityScorecard。300億円超を調達し、2021年に日本進出
情報セキュリティリスクを数値化し、ハッキングや情報漏洩に立ち向かうSecurityScorecard。300億円超を調達し、2021年に日本進出
情報セキュリティリスクを数値化し、ハッキングや情報漏洩に立ち向かうSecurityScorecard。300億円超を調達し、2021年に日本進出の詳細を見る
UVCライトで省エネ、エコ、ケミカルフリーな滅菌を。コロナ禍に生まれたバイオテックR-Zero
UVCライトで省エネ、エコ、ケミカルフリーな滅菌を。コロナ禍に生まれたバイオテックR-Zero
UVCライトで省エネ、エコ、ケミカルフリーな滅菌を。コロナ禍に生まれたバイオテックR-Zeroの詳細を見る
より正確に位置情報を把握。次世代のL5帯のみを使用した低コスト・省エネのL5GNSSレシーバー
より正確に位置情報を把握。次世代のL5帯のみを使用した低コスト・省エネのL5GNSSレシーバー
より正確に位置情報を把握。次世代のL5帯のみを使用した低コスト・省エネのL5GNSSレシーバーの詳細を見る
全ての開発者に機械学習を。組み込み機械学習でエッジデバイス開発を支援するEdge Impulse
全ての開発者に機械学習を。組み込み機械学習でエッジデバイス開発を支援するEdge Impulse
全ての開発者に機械学習を。組み込み機械学習でエッジデバイス開発を支援するEdge Impulseの詳細を見る
パンデミックで露呈したVPN接続の課題をクラウドネイティブのソリューションで解消―Axis Security
パンデミックで露呈したVPN接続の課題をクラウドネイティブのソリューションで解消―Axis Security
パンデミックで露呈したVPN接続の課題をクラウドネイティブのソリューションで解消―Axis Securityの詳細を見る
産業の現場における安全性や生産性向上をサポート。スマートヘルメットを提供するGuardhatのビジョン
産業の現場における安全性や生産性向上をサポート。スマートヘルメットを提供するGuardhatのビジョン
産業の現場における安全性や生産性向上をサポート。スマートヘルメットを提供するGuardhatのビジョンの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2021 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.