TECHBLITZ編集部は、「HRテック」に関連するOverviewや幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報に焦点を当てた「HRテック&リスキリング Trend Report」を作成しました。今回TECHBLITZ読者向けに、HRテック領域を中心とした抜粋版を無料配布いたします。

このトレンドレポートでわかること

●「HRテック」関連のテックトレンド(人事のDX、社内コミュニケーション、報酬&福利厚生、ダイバーシティ&ワークライフバランス etc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「HRテック&リスキリング Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。「BLITZ Portal」会員向けの完全版では、リスキリング&アップスキリングも含めた下記の内容を配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • 特集 <リスキリング&アップスキリング>
  • 大手企業の協業事例

2021年は$12B以上のベンチャー資金がHRテクノロジー市場に注ぎ込まれた

 世界的なパンデミックの発生とそれにともなうロックダウンや外出規制により、私たちの生活は急激に変化しました。リモートワークの奨励による働き方の変化は特に著しく、それによって生まれたニーズを満たすツールが数多く登場しました。事態が沈静化してきている現在、世界中でオフィスへの復帰、リモートワークの継続、ハイブリッドワークの推進など、さまざまな試みがなされています。これに加えて先進諸国では定年年齢の引き上げ、少子化、技術の急速な進化、ダイバーシティといった社会の潮流のさまざまな変化が起こっており、組織のあり方や働き方の見直しが喫緊の課題となっています。

 企業経営者や人事責任者にとっては今まさに、これまでになく柔軟な考え方と、新たな発想が求められています。これらの変化に呼応するかのように、HRテック市場は非常に活性化しており、多種多様なスタートアップとソリューションが誕生しています。

 人事業務のDXも看過できません。人材採用から従業員の勤怠管理、人事考課、給与計算、福利厚生など幅広いHR関連業務をデジタル化やAIとデータの活用により効率化し、さらには人事の最適化を図っていこうとする動きが顕著に見られます。Boston Consulting Group (BCG)によると、2021年には、$12B以上のベンチャー資金がHRテクノロジー市場に注ぎ込まれたそうです*。そしてこの分野は今後も成長を続けていくと考えられてます。

 本レポートでは、人事業務のデジタル化、パフォーマンス評価、給与と福利厚生、ハイブリッドワーク、ダイバーシティ、そして“リスキリング”を含むスキルアップなど、HRテック分野のスタートアップを幅広く取り上げました。

*Boston Consulting Group, “The $12 Billion Opportunity in HR Technology"

企業経営者や人事責任者はこれまでになく柔軟な考え方と、新たな発想が求められている

 「HRテック&リスキリング Trend Report」は、以下の画像の内容で構成しております。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

 「カテゴリー概要」では、「HRテック」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、TECHBLITZ編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • 人事のデジタルトランスフォーメーション(DX)
  • 採用活動の効率化
  • アセスメント・ツール
  • 適材適所
  • 社内コミュニケーション
  • パフォーマンス管理
  • 報酬&福利厚生
  • 給与計算
  • リモート&ハイブリッドワーク
  • ダイバーシティ&ワークライフバランス
  • 意思決定支援ツール

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートをお役立ていただければ幸いです。

 「HRテック&リスキリング Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「HRテック&リスキリング Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
「事業部の壁は壊さなくていい」「ゼロイチは一切やらない」 KDDI中馬氏が語る経験則・後編
「事業部の壁は壊さなくていい」「ゼロイチは一切やらない」 KDDI中馬氏が語る経験則・後編
「事業部の壁は壊さなくていい」「ゼロイチは一切やらない」 KDDI中馬氏が語る経験則・後編の詳細を見る
オープンイノベーションとは「新規事業をつくること」 KDDI中馬氏が語る経験則・前編
オープンイノベーションとは「新規事業をつくること」 KDDI中馬氏が語る経験則・前編
オープンイノベーションとは「新規事業をつくること」 KDDI中馬氏が語る経験則・前編の詳細を見る
【進化するR&D】 海外の技術移転オフィスの仕組みから学ぶ
【進化するR&D】 海外の技術移転オフィスの仕組みから学ぶ
【進化するR&D】 海外の技術移転オフィスの仕組みから学ぶの詳細を見る
2022年の小売業界テックトレンドを把握【リテールテックトレンドレポート】
2022年の小売業界テックトレンドを把握【リテールテックトレンドレポート】
2022年の小売業界テックトレンドを把握【リテールテックトレンドレポート】の詳細を見る
【寄稿】中国自動車業界の全体動向から、先進事例まで網羅 スマート化、電動化、新エネ大型トラック、人工衛星の内製化まで
【寄稿】中国自動車業界の全体動向から、先進事例まで網羅 スマート化、電動化、新エネ大型トラック、人工衛星の内製化まで
【寄稿】中国自動車業界の全体動向から、先進事例まで網羅 スマート化、電動化、新エネ大型トラック、人工衛星の内製化までの詳細を見る
「流れのあるところ」にビジネスが生まれる オムロンの「サイニック理論」とイノベーション創出
「流れのあるところ」にビジネスが生まれる オムロンの「サイニック理論」とイノベーション創出
「流れのあるところ」にビジネスが生まれる オムロンの「サイニック理論」とイノベーション創出の詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


新規事業の
調査業務を効率化
成長産業に特化した調査プラットフォーム
BLITZ Portal
社員の声でイノベーションを効率化する
アイデア管理プラットフォーム
q-ideate

Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.