Enko Chem(以下、Enko)は、病害虫から農作物を守る、農家向けの新製品を研究開発しているスタートアップだ。いまや農作物保護は、持続的な食糧生産における重要な課題となっている。600種類以上の害虫が農作物に被害をもたらし、収穫量を最大で40%低下させるリスクにさらされている。

 創業者でCEOのJacqueline Heard氏は「私はDNAエンコードライブラリやAIといった新技術を農作物保護に活用したいと考え、Enkoを設立しました。より安全で、使用量が少ない農作物保護の製品を開発したいと考えています」と語る。

Jacqueline Heard
Enko Chem
Co-Founder & CEO
ボストンカレッジで生物学の博士号、MITスローンでMBAを取得。農業分野のスタートアップ起業、スタートアップ投資に携わる。2017年にEnko Chemを創業し、CEOに就任。Anterra Capitalのベンチャーパートナーも務める。
 Enkoは、病害虫による農作物保護のための初期段階の開発パイプラインを進めており、今後、米国および世界の農家向けのソリューションへと発展させていく予定だ。

 Enkoはこれまでの研究開発実績が評価され、順調に資金調達を重ねている。2020年6月には、シリーズBで4500万ドルの出資を受け、累計での資金調達は6600万ドルに上った。このシリーズBのリードインべスターは、マイクロソフト元会長のビル・ゲイツによって創設された、ビル&メリンダ・ゲイツ財団だ。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団HP

 Enkoもコロナ禍でサプライチェーンの混乱に直面したが、早期に立て直し、事業への影響を小さく抑え、従業員の安全と雇用を維持できた。

 Heard氏は「Enkoは農作物保護における重要なイノベーターだと自負しています。農業の生産性を向上させ、安全性と持続可能を両立させた世界的なリーダーになりたいと思います」と語る。



RELATED ARTICLES
UVCライトで省エネ、エコ、ケミカルフリーな滅菌を。コロナ禍に生まれたバイオテックR-Zero
UVCライトで省エネ、エコ、ケミカルフリーな滅菌を。コロナ禍に生まれたバイオテックR-Zero
UVCライトで省エネ、エコ、ケミカルフリーな滅菌を。コロナ禍に生まれたバイオテックR-Zeroの詳細を見る
最先端テクノロジーを使い、栄養価の高いカスタマイズ種子を作るスマートシードメーカーEquinom
最先端テクノロジーを使い、栄養価の高いカスタマイズ種子を作るスマートシードメーカーEquinom
最先端テクノロジーを使い、栄養価の高いカスタマイズ種子を作るスマートシードメーカーEquinomの詳細を見る
代替肉に昆虫食…フード関連のトレンドが掴める「Food Tech Trend Report」
代替肉に昆虫食…フード関連のトレンドが掴める「Food Tech Trend Report」
代替肉に昆虫食…フード関連のトレンドが掴める「Food Tech Trend Report」の詳細を見る
先端マテリアルの最新情報を掴む「Advanced Material Trend Report」発刊
先端マテリアルの最新情報を掴む「Advanced Material Trend Report」発刊
先端マテリアルの最新情報を掴む「Advanced Material Trend Report」発刊の詳細を見る
世界5000社超で利用される、ドローンソフトウェアDroneDeploy。日本の建設・農業でも活用
世界5000社超で利用される、ドローンソフトウェアDroneDeploy。日本の建設・農業でも活用
世界5000社超で利用される、ドローンソフトウェアDroneDeploy。日本の建設・農業でも活用の詳細を見る
「ガンを死なない病気に」スタンフォード研究室から生まれた、ガン細胞を特定する画期的技術
「ガンを死なない病気に」スタンフォード研究室から生まれた、ガン細胞を特定する画期的技術
「ガンを死なない病気に」スタンフォード研究室から生まれた、ガン細胞を特定する画期的技術の詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2021 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.