ビル・ゲイツの財団が支援、病害虫から農作物を守る研究開発スタートアップEnko Chem

ビル・ゲイツの財団が支援、病害虫から農作物を守る研究開発スタートアップEnko Chem

Agriculture / Silicon Valley / Startup / Enko Chem
2020/11/13

 Enko Chem(以下、Enko)は、病害虫から農作物を守る、農家向けの新製品を研究開発しているスタートアップだ。いまや農作物保護は、持続的な食糧生産における重要な課題となっている。600種類以上の害虫が農作物に被害をもたらし、収穫量を最大で40%低下させるリスクにさらされている。

 創業者でCEOのJacqueline Heard氏は「私はDNAエンコードライブラリやAIといった新技術を農作物保護に活用したいと考え、Enkoを設立しました。より安全で、使用量が少ない農作物保護の製品を開発したいと考えています」と語る。

Jacqueline Heard
Enko Chem
Co-Founder & CEO
ボストンカレッジで生物学の博士号、MITスローンでMBAを取得。農業分野のスタートアップ起業、スタートアップ投資に携わる。2017年にEnko Chemを創業し、CEOに就任。Anterra Capitalのベンチャーパートナーも務める。
 Enkoは、病害虫による農作物保護のための初期段階の開発パイプラインを進めており、今後、米国および世界の農家向けのソリューションへと発展させていく予定だ。

 Enkoはこれまでの研究開発実績が評価され、順調に資金調達を重ねている。2020年6月には、シリーズBで4500万ドルの出資を受け、累計での資金調達は6600万ドルに上った。このシリーズBのリードインべスターは、マイクロソフト元会長のビル・ゲイツによって創設された、ビル&メリンダ・ゲイツ財団だ。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団HP

 Enkoもコロナ禍でサプライチェーンの混乱に直面したが、早期に立て直し、事業への影響を小さく抑え、従業員の安全と雇用を維持できた。

 Heard氏は「Enkoは農作物保護における重要なイノベーターだと自負しています。農業の生産性を向上させ、安全性と持続可能を両立させた世界的なリーダーになりたいと思います」と語る。

設立 2017年
事業内容 病害虫から農作物を守る製品の開発
資金調達額 6600万USドル(2020年11月現在)
従業員数 10人以上
拠点 Boston, Massachusetts
URL https://www.enkochem.com/
関連記事
イスタンブール発のCY Vision。自動運転車に拡張現実を映し出す技術で日本市場を次のターゲットに
イスタンブール発のCY Vision。自動運転車に拡張現実を映し出す技術で日本市場を次のターゲットに
イスタンブール発のCY Vision。自動運転車に拡張現実を映し出す技術で日本市場を次のターゲットにの詳細を見る
誰もがインフルエンサーになりえる時代。企業がインフルエンサーに仕事を頼みやすくするCreatorIQ
誰もがインフルエンサーになりえる時代。企業がインフルエンサーに仕事を頼みやすくするCreatorIQ
誰もがインフルエンサーになりえる時代。企業がインフルエンサーに仕事を頼みやすくするCreatorIQの詳細を見る
ユニバーサルなクラウドストレージで企業のデータ管理をサポートするTileDB
ユニバーサルなクラウドストレージで企業のデータ管理をサポートするTileDB
ユニバーサルなクラウドストレージで企業のデータ管理をサポートするTileDBの詳細を見る
【ユニコーン】ドイツ発、空飛ぶタクシーを開発するLilium。2025年の実用化を目指す
【ユニコーン】ドイツ発、空飛ぶタクシーを開発するLilium。2025年の実用化を目指す
【ユニコーン】ドイツ発、空飛ぶタクシーを開発するLilium。2025年の実用化を目指すの詳細を見る
【オープンイノベーションの提唱者】世界的な経営学者が語る、日本のオープンイノベーション
【オープンイノベーションの提唱者】世界的な経営学者が語る、日本のオープンイノベーション
【オープンイノベーションの提唱者】世界的な経営学者が語る、日本のオープンイノベーションの詳細を見る
【シリコンバレー流DX・オープンイノベーション】UCバークレーのエグゼクティブプログラムは何を教えているか?
【シリコンバレー流DX・オープンイノベーション】UCバークレーのエグゼクティブプログラムは何を教えているか?
【シリコンバレー流DX・オープンイノベーション】UCバークレーのエグゼクティブプログラムは何を教えているか?の詳細を見る