次世代のデータ保存媒体は「DNA」。商用化を目指すDNAストレージ技術CATALOGの野望

次世代のデータ保存媒体は「DNA」。商用化を目指すDNAストレージ技術CATALOGの野望

Information Technology / Biotech / Boston / Startup / CATALOG
2021/01/01
世界中でデータが生成され続け、広大な土地と膨大な電力がデータセンターに注ぎ込まれている。そこに限界が見え始めた今、膨大なデジタルデータを低コストでDNAに収め、コンピュートも可能なCATALOGの技術に注目が集まっている。同社は2016年設立、ボストン生まれのスタートアップ。LINEも投資しており、日本展開も視野に入れている。今回は創業者でCEOのHyunjun Park氏に話を聞いた。

MITで研究した、低予算かつ短時間でDNAに情報を保存する技術

――まずはCATALOG設立の経緯を教えてもらえますか?

 私は理学の博士号を米国で取得し、博士研究員としてMITで合成生物学の研究をしていました。合成生物学とは、生物を構成する様々な要素に目を向け、それらを工学的に一から作り出そうとする学問分野です。例えば、細胞から食用の肉を作ったり、菌類からフィラメント材を作るなど、細胞やDNA、酵素などを、本来の目的とは別の、任意の目的のために使います。

 共同創業者であるNathaniel Roquetと私は、MITで同じ研究グループに所属していました。そしてそこで、全く新しい、低予算かつ短時間でDNAに情報を保存する方法を思いつきました。

Hyunjun Park
CATALOG
Co-Founder & CEO
ソウル大学校にて学士(理学)取得後、渡米。2014年にUniversity of Wisconsin-Madisonにて博士号を取得。2016年に、博士研究員としてMITに移籍。2016年にCATALOGを創業し、CEOに就任。
 科学者なら皆、自分の研究を実社会で役立てたいと考えています。私と共同創業者の場合は、基礎研究に携わるだけでなく、自分たちの研究をもとに創業し、社会にインパクトを与えたいと考えていました。そこで、研究から生まれたアイデアを持って、サンフランシスコにあるIndieBioのアクセラレータプログラムに応募したところ、採用されました。そして、サンフランシスコで数ヶ月間過ごした後、CATALOGを創業しました。

 私たちの技術は、コールドデータの保存や、データセンターの縮小化などだけでなく、AIアルゴリズムを活用し保存したデータをもとに推論することも可能です。非常に大きなデータサイズのコンピュート可能なデータのストレージ層を新たに作り、今は存在しない市場を開拓し創造する可能性を秘めています。

――御社のターゲットは、法人でしょうか?あるいは、消費者向けのサービス提供も予定されていますか?

 最終的には、法人だけでなく消費者向けのサービスにも、広く適用できる技術にしたいと考えていますが、私たちのリソースは限られています。まずは、大企業と共同開発者として提携し、資金だけでなく、フィードバックを得ながら改良を重ね、事業化を目指します。

 近いうちには、提携している顧客企業のデータを使った実証実験を行う予定です。この技術のストレージ機能に焦点を当てて、顧客のデータをDNAに入れる予定です。

 顧客企業が求めている機能や、技術を実用化する上で最も重要な指標は何か、顧客企業の既存ワークフローへの適用方法などを検討します。

 将来的には、データセンター内で使える製品を作り、クラウドサービス提供事業者と提携したサービスや、BtoB向けに製品を販売するなど、様々な事業展開を考えています。

Wikipedia(英語版)の全テキストをDNAに入れることに成功した。

LINEも出資、日本市場も視野に

――将来的に日本市場への進出も考えていますか。

 日本市場は視野に入れています。韓国も日本も巨大なデータ市場ですし、当社の投資家のLPは日本企業や政府系ファンドです。また、現在の顧客企業の多くは、アジア市場でも大きな存在感があるグローバル企業です。

 以前、東京で開催されたMITのカンファレンスで講演したことがあり、その時は多くの日本企業が関心を持っていました。そして、日本の財閥系企業とは、投資と共同研究に向けた話し合いを始めています。当社としても、日本は、共同開発のパートナーや資金調達先として注目しています。

 また、当社はLINEからも出資を受けています。LINEは、韓国および日本で幅広く使われ、データを大量に持っていますので、今後共同研究することも考えられます。

 今後2〜3年で、大企業など一部の大規模顧客を対象に、自動化したエンドツーエンドシステムの展開を始めたいと考えています。そして、5年後くらいには、より多くのユーザーにリーチできるようになることを目標にしています。 

設立 2016年
事業内容 DNAストレージの開発
資金調達額 2405万USドル(2020年12月現在)
従業員数 10人以上
拠点 Boston, Massachusetts
URL https://www.catalogdna.com/
関連記事
動物由来でない「牛乳」を世界に届けることを目指すPerfect Day
動物由来でない「牛乳」を世界に届けることを目指すPerfect Day
動物由来でない「牛乳」を世界に届けることを目指すPerfect Dayの詳細を見る
ビル・ゲイツの財団が支援、病害虫から農作物を守る研究開発スタートアップEnko Chem
ビル・ゲイツの財団が支援、病害虫から農作物を守る研究開発スタートアップEnko Chem
ビル・ゲイツの財団が支援、病害虫から農作物を守る研究開発スタートアップEnko Chemの詳細を見る
企業のCSR、事業開発を強力にアシスト。「サステナビリティ・スタートアップ65」を公開
企業のCSR、事業開発を強力にアシスト。「サステナビリティ・スタートアップ65」を公開
企業のCSR、事業開発を強力にアシスト。「サステナビリティ・スタートアップ65」を公開の詳細を見る
炎症性疾患や加齢性疾患の治療薬の低コスト開発と迅速な患者への提供を目指すGEn1E Lifesciences
炎症性疾患や加齢性疾患の治療薬の低コスト開発と迅速な患者への提供を目指すGEn1E Lifesciences
炎症性疾患や加齢性疾患の治療薬の低コスト開発と迅速な患者への提供を目指すGEn1E Lifesciencesの詳細を見る
独自のデリバリー技術で遺伝子治療薬や細胞治療薬の実用化を後押しするGenEdit
独自のデリバリー技術で遺伝子治療薬や細胞治療薬の実用化を後押しするGenEdit
独自のデリバリー技術で遺伝子治療薬や細胞治療薬の実用化を後押しするGenEditの詳細を見る
創薬プロセスを簡単にするテクノロジープラットフォームPostEra
創薬プロセスを簡単にするテクノロジープラットフォームPostEra
創薬プロセスを簡単にするテクノロジープラットフォームPostEraの詳細を見る