Image: Carbonated

ロサンゼルス海岸沿いのスタジオで、モバイルゲームを開発

 Carbonatedは、モバイルゲームのベテランたちが集まり、2015年に立ち上げたスタートアップ。ロサンゼルスの海岸沿いのエルセグンドにスタジオを構え、ハードコアな対戦型モバイルゲーム「MADWORLD」を開発中だ。

 2020年に大手VCのAndreessen Horowitzなどから850万ドルのシードラウンドの資金調達を行い、ゲームのローンチに向けて準備を進めている。

Image: Carbonated Carbonatedの開発する「MADWORLD」

 「私たちはモバイルゲーム市場をターゲットにしています。ハードコアな対戦型ゲームは、ゲーム機やパソコン向けに開発されており、モバイルで遊ぶ仕様になっていません」と創業者でCEOのTravis Boatman氏は語る。

 モバイルのゲームプレイヤーは26億人を超え、ゲーム市場規模の1600億ドルのうち半分程度を占めると予想されている。仕事や家庭生活で忙しい人々は、ゲーム機やパソコンでゆっくりゲームを楽しむ時間はなく、すきま時間にモバイルでゲームを遊ぶ傾向があるという。Carbonatedはそんなプレイヤー層をターゲットにしている。

 Carbonatedの目玉となるのは「Carbyne」と呼ばれるLiveOpsのプラットフォームの技術だ。

 ゲームの大型アップデートをした場合、すべてのプレイヤーがアップデートを気に入るわけではありません。私たちは特定のプレイヤーの特定のコンテンツを提供できる機能を開発しました。Carbyneは、あらゆる形態のコンテンツを迅速に作成・修正し、ダウンタイムなしでプレイヤーに配信することができます」。

Image: Carbonated ビールを片手にモバイルでプレイできる操作性を実現。

 また、他の企業と提携したAI技術の開発も行っている。モバイルには大きな画面も、キーボードもない。操作性はどうしても限られてしまう。

 Carbonatedは、ゲーム上にスワイプするとAIがプレイヤーの意図を汲んで自動で実行する機能を開発しているという。「iPhoneのタッチスクリーンには、タップしやすくするために多くの技術が投入されています。私たちも同じようにモバイルでゲームをしやすくする多くの技術を開発しています」。

ゲームボーイを初めてプレイしたときの衝撃

 CarbonatedのCEOであるBoatman氏は、モバイルゲームの草創期から活躍してきた一人である。25年以上ゲーム業界で活躍した後、2015年に起業した。Boatman氏にこれまでのキャリアについても振り返ってもらった。

Travis Boatman
Carbonated
Co-Founder & CEO
南カリフォルニア大学にて運動生理学を専攻。大手玩具メーカーのMattelを経て、2001年からゲームパブリッシャーのJAMDAT Mobileにてゲームライセンスの取得に携わる。同社はElectronic Artsに買収され、Electronic Arts MobileにてWorldwide StudiosのSVPを務める。2011年にソーシャルゲームで急成長していたZyngaに入社。2015年にCarbonatedを設立し、CEOに就任。
 「私はビデオゲームが大好きで、大学を卒業後、ビデオゲームの世界に飛び込みました。1994年のことでした。それ以来、25年以上ずっとゲーム業界で働いています。最初は初代のプレイステーションやセガのジェネシス(メガドライブ)のゲームを手がけていましたが、90年代の後半にはモバイルゲームの未来について考えるようになりました。誰もが携帯電話を持ち、その携帯電話でゲームができる時代が来ると考えたのです」。

 Boatman氏が最初にモバイルゲームの可能性を感じたのは、日本のゲームボーイをプレイしたことだった。

 「初めてゲームボーイをビーチでプレイしたことを今でも覚えています。それまでゲームはコンピュータの前でするものでした。しかしモバイルゲームがあれば、大好きなゲームをしながら、外に出ることができるんだと衝撃を受けたのです」。

Zyngaでゲーム業界の大変化を目の当たりに

 Boatman氏は大手玩具メーカーのMattelを経て、2001年からゲームパブリッシャーのJAMDAT Mobileにてゲームライセンスの取得に携わった。当時の大きな仕事の一つは、テトリスのグローバルライセンスの取得だった。グローバルで初期モバイルゲームの仕事を手がけたJAMDAT Mobileは上場を果たし、2006年にElectronic Artsに買収された。

 「私はモバイルゲームのピークはまだだと思ってゲームを作り続けていました。そうしたらiPhoneが登場し、アプリストアが生まれました。すぐその後にAndroidも誕生し、モバイルゲームビジネスは再び成長し始めたのです」。

 転機となったのは、ソーシャルゲーム会社のZyngaでの経験だった。2011年にBoatman氏はZyngaに入社し、モバイルゲームの開発に打ち込んだ。その時、ゲーム業界の大きな変化を目の当たりにした。

 「それまで見たこともないような、ゲーム業界の大きな変化を目の当たりにしました。それは、パブリッシャーにとって非常に高価で難易度の高い技術の多くが、コモディティ化されてきたのです。それまで配信、顧客獲得、ゲームエンジン、同時プレイサービス、ストレージ、カスタマーサービス、顧客調査、データ分析などの機能を構築するには、大きなコストがかかっていましたが、GAFAなどによって無料で提供されるようになりました」。

 誰でもパブリッシャーになれる環境が整い、小規模なパブリッシャーが勝ち組になるケースも増えてきた。Boatman氏はゲームと顧客に集中するゲームスタジオを立ち上げるべく、2015年にCarbonatedを立ち上げたのだった。

Image: Carbonated テスト版のゲームを提供中。プレイヤーのフィードバックをすぐにゲームに反映している。

 現在、Carbonatedの開発する「MADWORLD」はクローズドでテスト版を提供し、プレイヤーからのフィードバックをもとにゲームを改善を続けている。

 「LiveOpsの素晴らしいところは、プレイヤーの声に耳を傾け、何を求めているのか、何を求めていないのかを把握し、そのコンテンツを作成し、迅速にお届けできる点です」。

 また今後は世界各地でのイベント開催を企画している。日本、韓国、中国でもユーザーを集めたイベントを開催したいと考えている。



RELATED ARTICLES
「プレイして、稼ぐ」競馬ゲーム「ZED RUN」を開発 Virtually Human Studio  Web3のNo.1エンターテイメント会社を目指す
「プレイして、稼ぐ」競馬ゲーム「ZED RUN」を開発 Virtually Human Studio  Web3のNo.1エンターテイメント会社を目指す
「プレイして、稼ぐ」競馬ゲーム「ZED RUN」を開発 Virtually Human Studio  Web3のNo.1エンターテイメント会社を目指すの詳細を見る
オンラインゲームのバックエンドインフラ構築の課題を解消 開発者向けプラットフォーム AccelByte
オンラインゲームのバックエンドインフラ構築の課題を解消 開発者向けプラットフォーム AccelByte
オンラインゲームのバックエンドインフラ構築の課題を解消 開発者向けプラットフォーム AccelByteの詳細を見る
ゲームとバラエティ番組をミックスしたハイブリッドエンターテインメントの可能性 PortalOne
ゲームとバラエティ番組をミックスしたハイブリッドエンターテインメントの可能性 PortalOne
ゲームとバラエティ番組をミックスしたハイブリッドエンターテインメントの可能性 PortalOneの詳細を見る
大学生が開発を始めたFPS 115億円の資金調達 社名はスタンフォード大の学生寮から
大学生が開発を始めたFPS 115億円の資金調達 社名はスタンフォード大の学生寮から
大学生が開発を始めたFPS 115億円の資金調達 社名はスタンフォード大の学生寮からの詳細を見る
クラウドゲームプラットフォームのパイオニア・ユビタスのCEOに問う、メタバースを見据えた未来とは?
クラウドゲームプラットフォームのパイオニア・ユビタスのCEOに問う、メタバースを見据えた未来とは?
クラウドゲームプラットフォームのパイオニア・ユビタスのCEOに問う、メタバースを見据えた未来とは?の詳細を見る
あの懐かしのゲームをVRで!昔ながらのゲームを刷新する新鋭VRゲームテックForeVR
あの懐かしのゲームをVRで!昔ながらのゲームを刷新する新鋭VRゲームテックForeVR
あの懐かしのゲームをVRで!昔ながらのゲームを刷新する新鋭VRゲームテックForeVRの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    新規事業の
    調査業務を効率化
    成長産業に特化した調査プラットフォーム
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.