BriteCoreは、損害保険会社、MGA(保険の総括代理店)を対象に、コア業務、データ、デジタルソリューションなどの管理プラットフォーム「BriteCore」を提供している。AWSのアドバンスドパートナーでもあり、10年以上の実績がある「BriteCore」は、レガシーシステムのクラウド化ではなく、クラウドを前提にしたプラットフォームとして、米国の保険業界で際立った存在だ。今回はCo-Founder & CEOのPhil Reynolds氏に話を聞いた。

損害保険に特化した業務管理プラットフォーム

―BriteCoreのサービス内容と特徴についてお話ください。

 当社のプラットフォーム「BriteCore」は、損害保険の業務管理用サービスが36種類統合されたマイクロサービスアーキテクチャのソフトウェアスイートです。スイートには、保険証券、保険料の請求、保険金請求、データウェアハウジング、代理店および消費者のプラットフォームへのアクセスなどが含まれます。当社は、使いやすさとスムーズなワークフローを大切にしています。多くの顧客はスイートとして利用していますが、アクセス制御、アクティビティログなど特定機能のみを利用する顧客もいます。

 「BriteCore」では、ほとんどの場合、スタンドアローンアプリケーションを構築し、顧客によるカスタマイズを可能にしています。API統合機能を使った、サードパーティソリューションとの連携や、ユーザインタフェース(UI)も、ネイティブUIの利用だけでなく、独自のUIに完全カスタマイズまたは部分的なカスタマイズが可能です。

Phil Reynolds
BriteCore
Co-Founder & CEO
大学在学中から、スタジオエンジニア兼ソングライターとして、商用音楽の作曲、制作およびエンジニアリングを担う。2003年にBriteCoreを共同で設立しCEOに就任。同社は、デジタルメディア制作から始まり、Webアプリケーション全般、そして銀行に特化したWebアプリケーションを手掛けた後、2009年に保険会社向けの管理システムを構築。BriteCore社の主要事業となる、保険会社およびMGA(総括代理店)やInsurTechを対象としたソフトウェアプラットフォーム「BriteCore」を2010年より提供。
 
 また、顧客に対してのみ「BriteCore」のソースコードを公開しています。顧客のエンジニア向けにトレーニングも行っていますので、予算およびスケジュールや、社内エンジニアの有無などによって内容は違いますが、基本機能の拡充や新機能の構築なども顧客が自ら行え、社内にエンジニアチームがいればカスタマイズ性はかなり高いです。また、カスタマイズ後のテスト環境や、カスタマイズしたコードの最終確認など充実したサポートを提供し、マージは当社が行うことでプラットフォームの品質を保っています。

―2004年の設立当時からプラットフォームはクラウドネイティブだそうですね。

 そうです。2007年にAWSのクラウドサービスを採用し、2009年からは全てのサービスでAWSを使っており、当社は、AWSコンサルタントの資格も持つAWSのアドバンスドパートナーです。2010年にローンチした現在のプラットフォーム「BriteCore」もAWSを使うことを前提にPythonを使って構築し、クラウドのメリットを最大限活かしています。

勝負をかけ資金を調達

―過去3年間に、かなりの額の資金調達に成功しましたね。

 そうですね。2019年にシリーズBを終え、Warburg Pincusから約4,750万ドル調達しました。2018年に行ったシリーズAでは1,300万ドル調達しています。

 進化を続け、最適化されたプラットフォームであり続けるために、2018年から5年計画で、第3世代への移行と新しいサービス構築に取り組んでいます。2010年にローンチした第1世代と、その次の第2世代では、最大1億ドル程度の小規模な保険会社のみを対象にし、それ以上の規模の顧客には対応していませんでした。

 ところが、当社のプラットフォームは、非常に健全なサービスとして業界内で評判になっていたので、大手損害保険会社からお問い合わせを受けるようになりました。加えて、クラウドが保険業界で認められ始め、巨大なビジネスチャンスが突然生まれました。このビジネスチャンスを掴むためにも大手保険会社に対応することにしたのです。

 大規模な顧客に対応するためには新たにプラットフォームを構築する必要もありますし、第3世代への移行も必要です。しかし、当社はSaaSビジネスなので、収益は顧客から得るサブスクリプション料金に左右されます。そこで、ビジネス拡大に向け資金面を安定させるために資金調達を行いました。

業界の変化に気づき、他に先駆けて行動

―クラウドを前提にしたソフトウェアスイートを提供している競合他社はいますか。

 保険業界は用心深く保守的な業界です。大手保険会社はクラウドの導入が進みませんでしたが、数年前からSalesforceなど、クラウドベースのプラットフォームを使うようになりました。これが契機になり、クラウドへの不安が徐々に薄れたようで、コア業務などに関してもレガシーシステムではなく、クラウドベースのプラットフォームに目を向ける会社が増えたのです。他の業界より遅れましたが、保険業界でもクラウドの波が押し寄せました。

 当社はどこよりも早くからクラウドネイティブなプラットフォームを提供し、実績も十分にあり、プライベートクラウドなので安全面でも信頼があります。レガシーシステムのクラウド化ではなく、クラウドを前提とした作りになっていることが他社と違います。また、SaaS型サービスですので、価格競争力も高く、競合となるサービスはまだありません。類似サービスを提供している他社はいますが、早い時期から業界の変化に気づき、他に先駆けて行動を取ったことで、当社はより強い立場に立てています。



RELATED ARTICLES
処方薬を無料宅配 患者や医師の負担を減らし健康につなげる デジタル調剤薬局Alto Pharmacy
処方薬を無料宅配 患者や医師の負担を減らし健康につなげる デジタル調剤薬局Alto Pharmacy
処方薬を無料宅配 患者や医師の負担を減らし健康につなげる デジタル調剤薬局Alto Pharmacyの詳細を見る
業界のディスラプターをパートナーにする、東京海上グループのアライアンス戦略
業界のディスラプターをパートナーにする、東京海上グループのアライアンス戦略
業界のディスラプターをパートナーにする、東京海上グループのアライアンス戦略の詳細を見る
洪水リスクに保険で備えよ。自然災害から被災者を救う「reThought Insurance」
洪水リスクに保険で備えよ。自然災害から被災者を救う「reThought Insurance」
洪水リスクに保険で備えよ。自然災害から被災者を救う「reThought Insurance」の詳細を見る
保険請求にかかる不安を解消するAI不正検知サービスShift Technology
保険請求にかかる不安を解消するAI不正検知サービスShift Technology
保険請求にかかる不安を解消するAI不正検知サービスShift Technologyの詳細を見る
NFT、健康スコア保険等のテックトレンド、GAFA動向、国内外企業事例を紹介【FinTech Trend Report 発刊】
NFT、健康スコア保険等のテックトレンド、GAFA動向、国内外企業事例を紹介【FinTech Trend Report 発刊】
NFT、健康スコア保険等のテックトレンド、GAFA動向、国内外企業事例を紹介【FinTech Trend Report 発刊】の詳細を見る
大規模商業施設の資産管理や保険料の査定を最適化するプラットフォームArchipelago
大規模商業施設の資産管理や保険料の査定を最適化するプラットフォームArchipelago
大規模商業施設の資産管理や保険料の査定を最適化するプラットフォームArchipelagoの詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    世界テックトレンドから
    イノベーションを加速する。
    テック・イノベーション情報ポータル
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.