「TECHBLITZ」編集部では今回、「広告・マーケティング」関連で、幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報や国内外の大手企業協業事例に焦点を当てた「AdTech & MarTech Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「広告・マーケティング」関連のテックトレンド(ディスプレイ広告、マーケットリサーチ&感情分析、対話型マーケティング、音声広告・マーケティング、VR/AR & ゲーム内広告etc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「AdTech & MarTech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • 大手企業の動向<VoiceTech>
  • 大手企業の協業事例(海外)
  • 大手企業の協業事例(日本)

戦略的な投資や試行錯誤が求められる昨今の広告・マーケティング

 コカ・コーラ社も採用しているというマーケティング戦略「70-20-10」を耳にしたことがあるでしょうか。マーケティング予算のうち、70%をリスクが低く実績のあるマーケティング活動に充て、20%を即時性はないかもしれないが将来的に競合他社に先んじるうえで役立ちうる革新的な技術に投資し、残りの10%をまったく新しい、より実験的なマーケティング技術のテストに投資するというものです。そして20%、10%に分類されていた技術を、成果に応じて70%のカテゴリーへと組み込んでいくのです。

 マーケティングの世界は進化のペースが速く、次々と新しいマーケティングツールや手法が登場しています。また、テレビ、ラジオ、新聞に雑誌といった従来型のチャネルに加え、ウェブブラウザ、モバイル、アプリ、ソーシャルネットワーク、動画プラットフォーム、ストリーミングサービス、ポッドキャスト、ゲームやeSports……というように、広告あるいはキャンペーンを展開することのできるプラットフォームも実に多様化しており、上記の戦略のように絶えず新しいものを取り入れながら、試行錯誤してくことが求められていると言えます。本レポートでは、既に定着した感のあるデジタルマーケティング技術から、より新しい技術やサービスまで、広告・マーケティング関連のスタートアップ企業を幅広く取り上げました。

 最近のトレンドとしては、音声テクノロジーに着目しています。モバイルおよびスマートスピーカーの音声アシスタント技術の進化、音声ソーシャルメディアや音声配信サービスプラットフォームの普及、ポッドキャストやオーディオコンテンツの充実にともない、音声技術を利用するユーザーが急増しています。音声検索結果の最適化施策、質の高い音声広告コンテンツの制作、一方的に広告を配信するのみならずブランドと消費者の対話を実現する音声マーケティングなど、音声を用いた広告・マーケティング技術の今後の展開からも目が離せません。本レポートでは、音声関連スタートアップ企業をめぐる大手企業の動向 (買収・出資・協業) についてもまとめています。

新しく進化、多様化する広告・マーケティングの手法や技術

 「AdTech & MarTech Trend Report」は、以下の画像の内容で構成でおります。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

 「カテゴリー概要」では、「広告・マーケティング」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、「TECHBLITZ」編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • マーケティング・オートメーション
  • ソーシャルメディア&インフルエンサー・マーケティング
  • 位置情報マーケティング
  • ディスプレイ広告
  • ロイヤリティ・プラットフォーム
  • マーケティングデータの分析
  • マーケットリサーチ&感情分析
  • 脱Cookie
  • 対話型マーケティング
  • 音声広告・マーケティング
  • VR/AR & ゲーム内広告
  • 広告コンテンツ制作

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「AdTech & MarTech Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「AdTech & MarTech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。




RELATED ARTICLES
【NTTドコモ、ENEOS、パナソニックCVC、凸版印刷】オープンイノベーション事例集
【NTTドコモ、ENEOS、パナソニックCVC、凸版印刷】オープンイノベーション事例集
【NTTドコモ、ENEOS、パナソニックCVC、凸版印刷】オープンイノベーション事例集の詳細を見る
【寄稿】エッジAIボックスから脱炭素管理ツール、デジタルヒューマンライブ配信など 中国巨大テック最新技術
【寄稿】エッジAIボックスから脱炭素管理ツール、デジタルヒューマンライブ配信など 中国巨大テック最新技術
【寄稿】エッジAIボックスから脱炭素管理ツール、デジタルヒューマンライブ配信など 中国巨大テック最新技術の詳細を見る
【翻訳版】2022年のVC情勢レポート
【翻訳版】2022年のVC情勢レポート
【翻訳版】2022年のVC情勢レポートの詳細を見る
【進化するR&D】ダイキン工業TICの目指すもの(後編) 新規事業に必要なWhatとWhy 「もの+ことづくり」で新たな価値を
【進化するR&D】ダイキン工業TICの目指すもの(後編) 新規事業に必要なWhatとWhy 「もの+ことづくり」で新たな価値を
【進化するR&D】ダイキン工業TICの目指すもの(後編) 新規事業に必要なWhatとWhy 「もの+ことづくり」で新たな価値をの詳細を見る
第2ステージに突入した東南アジアのスタートアップレポート
第2ステージに突入した東南アジアのスタートアップレポート
第2ステージに突入した東南アジアのスタートアップレポートの詳細を見る
行政×テクノロジーで公務員・市民ともにメリット「GovTech Trend Report」
行政×テクノロジーで公務員・市民ともにメリット「GovTech Trend Report」
行政×テクノロジーで公務員・市民ともにメリット「GovTech Trend Report」の詳細を見る

NEWS LETTER

世界のイノベーション、イベント、
お役立ち情報をお届け
全員にオープンイノベーション
ガイドブックもプレゼント


    新規事業の
    調査業務を効率化
    成長産業に特化した調査プラットフォーム
    BLITZ Portal
    社員の声でイノベーションを効率化する
    アイデア管理プラットフォーム
    q-ideate

    Copyright © 2022 Ishin Co., Ltd. All Rights Reserved.