2020年12月の最新テック企業レポート【新ユニコーン&東南アジア】

2020年12月の最新テック企業レポート【新ユニコーン&東南アジア】

2つのレポートパッケージからわかること

・2020年12月に誕生した新ユニコーン企業とサービス概要
・東南アジアのテック企業概況

 悲観的な見方もあった昨年の予想とは裏腹に、直近の1年間においても世界のスタートアップ企業・市場は成長を続けています。「TECHBLITZ」編集部でも、米国やイスラエルなどに本拠地を置くシリーズA〜Cラウンドの企業を中心に、精力的に取材を行っています。

 そういった中で「TECHBLITZ」では今回、より幅広い情報をお届けすべく、独自レポートとは別に外部レポートの提供を行うことになりました。第一弾として、スタートアップデータ分析サービス「Tracxn」による2つのレポート、「Monthly Unicorn Report」「SEA Tech Report」の日本語訳版を作成しました。

Tracxnとは

 「Tracxn」スタートアップデータ分析を専門におこなう企業です。インド・バンガロールを拠点とし、350以上の技術分野の情報をデータベース化しています。

Monthly Unicorn Report

 「Monthly Unicorn Report」では、以下の内容をレポートとしてまとめています。

  • 2020年12月に新たにユニコーンとなった企業の概要(地域・期間・資金調達額など)
  • 新ユニコーン企業に出資している主な投資家
  • 新ユニコーン15社の事業概要
 本レポート制作のタイミングで誕生した15社のユニコーンは、米国(10社)、中国(2社)、インド(2社)、英国(1社)に本拠地を構えています。また業種も多岐にわたっており、広告や業界特化型の業務管理プラットフォームから、蓄電池、超音速旅客機の開発まで様々です。

SEA Tech Report

 「SEA Tech Report」では、東南アジアのスタートアップの状況を多面的にまとめています。

  • 2020年12月時点の東南アジアスタートアップ市場概要(投資ラウンド一覧・都市別状況など)
  • 資金調達に成功したビジネスモデル(過去1年)
  • 注目企業、注目ニュース

 「Monthly Unicorn Report」「SEA Tech Report」2つのレポートは、日本企業がイノベーションを進める際の指針・情報収集ツールの一つとして活用していただける内容となっております。

 「Monthly Unicorn Report」「SEA Tech」2つのレポートパッケージをご希望される方は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

※今回お問い合わせいただいた内容は、イシングループのプライバシーポリシーに基づき、Tracxnと共有いたします。お問い合わせ内容はイシングループ、Tracxn其々の責任において管理され、問い合わせ内容やサービスについて個別にご案内をさせていただく場合がございます。

カテゴリー Information Technology / South East Asia / Silicon Valley / Research / Startup
関連記事
1日100万件を処理するクラウド緊急通報プラットフォームCarbyne。前年比で360%成長
1日100万件を処理するクラウド緊急通報プラットフォームCarbyne。前年比で360%成長
1日100万件を処理するクラウド緊急通報プラットフォームCarbyne。前年比で360%成長の詳細を見る
フロントエンド開発の心強いツールVercel。毎月30%利用増の理由
フロントエンド開発の心強いツールVercel。毎月30%利用増の理由
フロントエンド開発の心強いツールVercel。毎月30%利用増の理由の詳細を見る
次世代のデータ保存媒体は「DNA」。商用化を目指すDNAストレージ技術CATALOGの野望
次世代のデータ保存媒体は「DNA」。商用化を目指すDNAストレージ技術CATALOGの野望
次世代のデータ保存媒体は「DNA」。商用化を目指すDNAストレージ技術CATALOGの野望の詳細を見る
1つのディスプレイで複数の映像を異なる人に同時に見せることができるMisapplied Sciences
1つのディスプレイで複数の映像を異なる人に同時に見せることができるMisapplied Sciences
1つのディスプレイで複数の映像を異なる人に同時に見せることができるMisapplied Sciencesの詳細を見る